ネリ&フーの、中国・上海の同済大学での建築展「Neri&Hu: Works in Permanent Evolution」。自身の建築を6つの建築的視点から紹介

1,567.44 ネリ&フーの、中国・上海の同済大学での建築展「Neri&Hu: Works in Permanent Evolution」。自身の建築を6つの建築的視点から紹介

ネリ&フーの、中国・上海の同済大学での建築展「Neri&Hu: Works in Permanent Evolution」。自身の建築を6つの建築的視点から紹介 photo©Studio FF
ネリ&フーの、中国・上海の同済大学での建築展「Neri&Hu: Works in Permanent Evolution」。自身の建築を6つの建築的視点から紹介 photo©Studio FF
ネリ&フーの、中国・上海の同済大学での建築展「Neri&Hu: Works in Permanent Evolution」。自身の建築を6つの建築的視点から紹介 photo©Studio FF

ネリ&フーの、中国・上海の同済大学での建築展「Neri&Hu: Works in Permanent Evolution」の会場写真です。自身の建築を6つの建築的視点から紹介する建築展です。会期は2021年5月15日まで。

以下は、建築家によるテキストの翻訳です

「Neri&Hu: Works in Permanent Evolution」は、ネリ&フーの建築作品を6つのカテゴリーに分けて包括的に紹介しています。「Reflective Nostalgia(思慮深い懐旧)」「Nomadic Voyeurism(放浪するのぞき見)」「Dwelling(住居)」、「Inhabitable Strata(生息可能な層)」「Recasting Vernacular(ヴァナキュラーの改変)」「Future Artifact(未来の人工物)」。

「Reflective Nostalgia(思慮深い懐旧)」から「Future Artifact(未来の工芸品)」に至るまで、本展は時間的な連続性と歴史をテーマにしたスペクトラムとして捉えられています。この展覧会では、さまざまなグローバルな文脈における一連の現代的な問題を検証し、適応的な再利用と歴史の役割に対する知的な探究心を維持すること、のぞき見と関連した空間の読みやすさの再構築、構造(テクトニクス)とポシェ(※建築物の設計図や断面図などで、黒く塗りつぶされる厚い壁や柱の部分)の使用、ヴァナキュラーへの回帰を模索すること、集合的な記憶と断片の役割など、我々がどのように仕事の根拠としているかに光を当てることを目的としています。

この展覧会では、これまでに発表されたことのない多くの模型を用いて、完成した建築、アンビルトの建築、スペキュラティブな作品を紹介しています。この展覧会は、絶えず変化する複数の要素間の対話として捉えられ、ネリ&フーの進化の瞬間を抽出し、捉えることを目的としています。

01 Reflective Nostalgia(思慮深い懐旧)
reflective nostalgiaは「人間の憧れと帰属の両義性を宿し、現代性の矛盾から逃れられない」という意味です。ネリ&フーのプロジェクトの多くは、遺産、集団的記憶、移転、都市再生などの問題に生産的に取り組む手段を提供しています。この章で紹介する作品には、新旧のコントラスト、滑らかさと質感、洗練されたものと生々しいものの間の微妙なバランスが感じられます。

02 Nomadic Voyeurism(放浪するのぞき見)
この章では、中国の庭園によく見られる「借景」という手法が、固定された境界線に対する私たちの認識に疑問を投げかける新しい見方を提供していることを紹介します。借りてきた景色は、一般的な見方の規範を覆し、空間の奥行きやスケールと距離の知覚を操作するような、正確な視覚的侵犯をもたらします。これらのプロジェクトはすべて、放浪しのぞき見する人の歩き回る目によってつなぎ合わされることを意図した断片の集合体の間の、部分と全体の関係を示しています。

03 Dwelling(住居)
「家」と「家にいること」は、シェルター、プライバシー、親密さ、安心感などの主観的な認識によって形成される心理的な構成要素です。住まいは、私たちの日常的な居住儀式の痕跡を残し、長い間、私たちの日常生活の中で蓄積された人工物の器としての役割を果たしています。住まいは、生活のための容器や背景としての役割を果たすだけでなく、私たちの最も親密な存在領域や個人的な愛着から導き出される私たちの価値観の表現でもあります。ハイデガーによれば、人は住めるようになってから建物を建てるのであって、住居とは世界に根を張ろうとする衝動の物理的な表れである。

04 Inhabitable Strata(生息可能な層)
建築とインテリア、外と内という二項対立は、ネリ&フーが実践を通して挑戦してきたものです。ガストン・バシュラールが雄弁に語ったように、これらの言葉は人間の経験を幾何学的に還元しているに過ぎず、生息の全スペクトルを表現するには足りません。ネリ&フーは、「物体性」に対する複雑な態度から、相反する極性を包含したいと考えています。形式的な読みやすさを確立した後の衝動は、内部から形を問い直すことです。

05 Recasting Vernacular(ヴァナキュラーの改変)
中国のヴァナキュラー・タイポロジーは、新しいプロジェクトをより広い歴史的コンテクスト、地元の血統、特定の土地に結びつけるための情報として重要です。最近の調査では、タイポロジーに加えて、ヴァナキュラーな建築材料や建築方法にも目を向け始めています。タイポロジーへのアプローチと同様に、時代遅れの手法を移植したり、過去の要素を直訳したりするのではなく、それらを新たに解釈することを目指しています。

06 Future Artifact(未来の人工物)
アルド・ロッシは、都市を常に意識と記憶を持って変化し、蓄積していく生きた存在と考えました。建築の価値は、機能を失った後も都市を構成し続ける人工物の形態にあります。ネリ&フーが提起する問題はシンプルで、世代を超えて意味のある存在であり続ける建築物をいかにして作るかということです。この章では、ネリ&フーが文脈、モニュメントの役割、破壊と進化の二重性といった概念をどのように扱っているかを紹介します。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。