アーティストのエルネスト・ネトへのインタビュー動画。ブラジル出身で布を用いたインスタレーション作品で世界的に知られる

270.65 アーティストのエルネスト・ネトへのインタビュー動画。ブラジル出身で布を用いたインスタレーション作品で世界的に知られる

アーティストのエルネスト・ネトへのインタビュー動画です。ブラジル出身で布を用いたインスタレーション作品で世界的に知られています。制作はルイジアナ美術館。

bews / ビルディング・エンバイロメント・ワークショップ+東鉄工業による、東京・八王子市の「ヤマデン本社屋工場 1期工事」

675.46 bews / ビルディング・エンバイロメント・ワークショップ+東鉄工業による、東京・八王子市の「ヤマデン本社屋工場 1期工事」

bews / ビルディング・エンバイロメント・ワークショップ+東鉄工業による、東京・八王子市の「ヤマデン本社屋工場 1期工事」南東からの俯瞰。多摩丘陵の中にゆったりした馬蹄形を置き、”ちゃぶれたハート”の片方(1期)に。段状敷地を一筆書きでつなぐ動線をそのまま象ったヴォリュームです。 photo©淺川敏
bews / ビルディング・エンバイロメント・ワークショップ+東鉄工業による、東京・八王子市の「ヤマデン本社屋工場 1期工事」2階、背骨のようなメインストリートから西のファクトリーガーデンをみる。トップライトや、インジケータライト、縦長の開口部やフロアランプとのコンビネーションで、1日の移り変わりが感じられます。 photo©淺川敏
bews / ビルディング・エンバイロメント・ワークショップ+東鉄工業による、東京・八王子市の「ヤマデン本社屋工場 1期工事」事務スペースと会議室群内観。暗くなりがちな建物中央部は常時は人のいない会議の”中之島”とし、南北の仕切りをフルハイトガラスとすることで、見通しのよいワンフロア空間としました。 photo©淺川敏

bews / ビルディング・エンバイロメント・ワークショップ東鉄工業 建築本部が設計した、東京・八王子市の「ヤマデン本社屋工場 1期工事」です。クライアント企業のウェブサイトはこちら

創業55年目を迎える樹脂系加工工場の新本社屋工場1期です.
最新の可変性&生産性とともに,新しい人材と製造業の未来を見据え,多様な視点から「今日的で快適なワークプレース」が求められました.新天地である多摩丘陵の敷地内法面を逆手にとり,身近に愉しむ緑のオヘソ「ファクトリーガーデン」として活用しました.大きな庇は,大小様々な搬出入を可能とし,衛星からの馬蹄形屋根(2期合わせて歪んだハート)がアイコンとなります.

建築家によるテキストより

施主は創業以来,先代からの才を受け継ぎ生産ネットワークの多角化に取り組んで,東北から九州まで全国15拠点へと成長を遂げました.一方で創業地の昭島を中心とする本社工場は,つくりが前世代的で手狭になり,優秀な次世代雇用の面ではマイナス要因に転じていました.こうした雇用と器の問題は同社だけでなく,戦後日本の高度経済成長の礎となった昭和感の残る工場で近年同様の課題を抱えており,工場というビルディングタイプの見直しは今や普遍的といえます.

建築家によるテキストより
青木淳と品川雅俊のASと昭和設計が進めている「松本平広域公園陸上競技場」の基本設計案を市民向けに解説している動画

946.11 青木淳と品川雅俊のASと昭和設計が進めている「松本平広域公園陸上競技場」の基本設計案を市民向けに解説している動画

青木淳と品川雅俊のAS昭和設計が進めている、長野の「松本平広域公園陸上競技場」の基本設計案を市民向けに解説している動画です。2021年4月24日にオンラインで行われたタウンミーティングのワンコーナーとして行われたものです。前後に行われた内容は、こちらの「長野県建設部施設課」のyoutubeアカウントから閲覧できます。
また、長野県のこちらのページでは、AS・昭和設計共同体と県側の打ち合わせを経た最新版の基本設計図面を公開し続けています。2020年7月に公開されたプロポーザル時の提案書はこちらで閲覧可能です。

MVRDVの設計で着工した、中国・深センの「Shenzhen Terraces」。テラスを積層し立体的公園にように計画され劇場・図書館・大学等20以上のプログラムを内包する建築

2,719.51 MVRDVの設計で着工した、中国・深センの「Shenzhen Terraces」。テラスを積層し立体的公園にように計画され劇場・図書館・大学等20以上のプログラムを内包する建築

MVRDVの設計で着工した、中国・深センの「Shenzhen Terraces」。テラスを積層し立体的公園にように計画され劇場・図書館・大学等20以上のプログラムを内包する建築 image©Atchain
MVRDVの設計で着工した、中国・深センの「Shenzhen Terraces」。テラスを積層し立体的公園にように計画され劇場・図書館・大学等20以上のプログラムを内包する建築 image©Atchain
MVRDVの設計で着工した、中国・深センの「Shenzhen Terraces」。テラスを積層し立体的公園にように計画され劇場・図書館・大学等20以上のプログラムを内包する建築 image©Atchain

MVRDVの設計で着工した、中国・深センの「Shenzhen Terraces」です。テラスを積層し立体的公園にように計画され劇場・図書館・大学等20以上のプログラムを内包する建築となっています。

こちらは、建築家によるテキストの翻訳

「Shenzhen Terraces」が着工:劇場、図書館、大学を備えた熱帯気候のための建築物

MVRDVは、深センの龍崗区にある活気ある大学地区の核となる複合施設「Shenzhen Terraces」の建設を開始しました。このプロジェクトは、建物のプログラムを含むアクセス可能なプレートを積み上げることで構成されており、すべてのコミュニケーションは、パブリックライフを最大限に活用する日陰のテラスで行われます。持続可能性を重視して設計されたこのプロジェクトでは、緑の屋外スペースと、劇場、図書館、美術館、会議場、小売店などの様々なアクティビティが混在し、出会い、学び、レジャー、文化、リラクゼーションの拠点となっています。水平に積み重ねられたテラスは、周囲の高層タワーとの貴重なコントラストとなっているだけでなく、エコロジー機能も果たしています。オーバーハングは日陰を作り、丸い形状は風の流れを促進し、自然な換気を行います。また、豊富な緑、歩行者専用道路、水場などにより、このプロジェクトは深センで最もサスティナブルなものの一つとなっています。

歩行者に優しい景観と、公共交通機関を含む20種類以上のプログラムを組み合わせた「Shenzhen Terraces」は、周辺地域のサステイナブルな拠点となることが期待されています。豊富な植栽と水の機能は、地域の気温を下げ、都市の野生生物に生息地を提供し、庭園と雨水の収集は、食料と水資源を生み出します。

テラスの端は、各フロア間のつながりを形成したり、小さな屋外オーディトリアムとして機能するために、戦略的に傾斜しています。他の場所では、ファサードを内側に押し込むことで入口を強調し、計画の中で認識できる場所を作り、訪問者が自分の方向性を見つけやすくしています。敷地の東側に位置する最も大きなビルの中央部では、テラスが内側に向かってカーブし、屋外のアトリウムを形成しています。敷地の西側にある建物では、新しいコンセプトの図書館が複合施設を特徴づけています。図書館は独立した存在ではなく、2つの建物に分かれており、ユース・アクティビティ・センターやユース・アントレプレナーシップ・センターなど、関連する教育プログラムや商業プログラムをつなぐ「接着剤」の役割を果たしており、外には「ブック・パーク」が設けられています。ブリッジで建物をつなぎ、2階を連続したルートにすることで、「Shenzhen Terraces」と周辺の開発地をつなげています。

このプロジェクトの重要な野望は、建物と景観を融合させ、可能な限り持続可能なプロジェクトにすることでした。Openfabric社と共同で開発したランドスケープは、歩行者用ルートの間にジャングルのような緑の区画とパブリックプログラムを追加しています。これらの区画には、この地域の亜熱帯自然林を模した植栽が施され、草原の丘、パブリックアート、リフレクティブプール、クライミングや卓球などのアクティビティゾーンなどが混在しています。屋上もこのランドスケープの一部であり、太陽光発電パネルや雨水の貯留だけでなく、アクセスしやすい広い緑の芝生としても利用されています。

「深センのような都市では、パブリックスペースや自然の景観をどのようにして密集した都市に組み込むかを慎重に考えることが不可欠です。天候から守られたクールな空間は、エアコンの効いた室内からの脱出を可能にします」と、MVRDVの設立パートナーであるウィニー・マースはこう言います。「『Shenzhen Terraces』は、学生たちが暖かい気候の中、家の中に閉じこもるのではなく、外に出て講義を受けることを可能にする立体的な公園と捉えることができます。このプロジェクトでは、気候に逆らうのではなく、気候と一緒に取り組んでいます。自然に換気されたテラスは、オーバーハングによって日差しから守られ、やがて人々が出会い、勉強するための素晴らしいたまり場となるでしょう。」

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。