スノヘッタによる、香港のレストラン「Restaurant Whey」。シンガホール人シェフのヨーロッパとアジアを融合した料理を提供する空間として北欧とアジアの文化の融合を素材と色彩で表現

811.95 スノヘッタによる、香港のレストラン「Restaurant Whey」。シンガホール人シェフのヨーロッパとアジアを融合した料理を提供する空間として北欧とアジアの文化の融合を素材と色彩で表現

スノヘッタによる、香港のレストラン「Restaurant Whey」。シンガホール人シェフのヨーロッパとアジアを融合した料理を提供する空間として北欧とアジアの文化の融合を素材と色彩で表現 photo©HDP Photography
スノヘッタによる、香港のレストラン「Restaurant Whey」。シンガホール人シェフのヨーロッパとアジアを融合した料理を提供する空間として北欧とアジアの文化の融合を素材と色彩で表現 photo©HDP Photography

スノヘッタによる、中国・香港のレストラン「Restaurant Whey」です。シンガホール人シェフのヨーロッパとアジアを融合した料理を提供する空間として北欧とアジアの文化の融合を素材と色彩で表現しています。

こちらはリリーステキストの翻訳

スノヘッタが香港の、ヨーロッパ料理とアジア料理を融合させたレストランをデザイン

ミシュランで2つ星を獲得した「Ying Jee Club」やモダンな韓国料理店「Hansik Goo」などで知られる香港のZSホスピタリティグループのレストラン「Whey」のインテリアデザインとヴィジュアルアイデンティティをスノヘッタが手がけました。

2021年5月25日(火) – 賑やかな香港のセントラル地区にあるWheyは、周囲のコンクリートジャングルから逃れるように、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。336㎡の店内には、スカンジナビアの民芸品やプラナカン建築、シンガポールの文化シーンに敬意を表したアートに触発された折衷的な空間が広がり、ヨーロッパ料理とアジア料理が交差しています。シンガポール人シェフ、バリー・クエックが率いるWheyでは、地元の旬の食材を中心に、シンガポールの影響を受けて再構築されたモダンなヨーロッパ料理をお楽しみいただけます。

Wheyでは、食事の各コースを楽しむことができます。エントランスの前庭から長い廊下を通り、期待感を高めてからシェフのテーブルに到着するようになっています。この直線的な到着口は、シンガポールのアーティスト、ドーン・ウンによる折り畳み式の鏡のインスタレーションでメインスペースと区切られています。この作品は、時間、空間、自己の概念を追求したもので、外の賑やかな通りから抜け出すような役割を果たしています。オープンプランは、柱によって4つのベイに明確に分けられています。1つ目は、ゲストがシェフと直接対話できるオープンキッチンのダイニングエリアです。2つのメインダイニングベイを見下ろすことができ、奥にある最後のダイニングベイは別室として仕切ることができます。

この空間の特徴は、暖かみのあるアースカラーから深みのあるトロピカルグリーンまでの色調と、真鍮のディテールの組み合わせです。この色調は、北欧の素朴なキャビンや南国シンガポールの豊かな緑を彷彿とさせ、洗練された雰囲気を醸し出しています。

この調和のとれたコントラストの空間は、素材の選択によっても強化されています。籐は、シンガポールと北欧のデザイン要素に共通して使用されており、その編み込まれた質感によって空間に柔らかさをもたらすと同時に、視覚的なベールと音響的なダンパーの役割を果たしています。床、テーブル、スクリーンに使用されている天然のステイン仕上げのオークは、ダイニング体験に触覚をもたらすとともに、都会のコンクリートの外壁とのコントラストを強調しています。最後に、より親しみやすい空間に時間的・視覚的な深みを与えるために、深い緑色の大理石をレセプションエリアとバスルームに使用し、明るいオープンプランのインテリアとのコントラストを図っています。

Wheyでは、地元の農場や企業を支援することに力を入れており、メニューには地元の新鮮な食材を使用しています。店名にもなっているように、食材の無駄を省くために、食材を余すところなく活用することを目指しています。チーズを作る際に出る副産物であるホエイ(乳清)は、本来であれば廃棄物となるところを、必要不可欠な調味料に変えています。

また、地元企業とのコラボレーションも重要なポイントとなっています。スプルー・ビスポーク・ファニチャー社の木製ダイニングテーブルや、フロウプラスリビング社の陶器製テーブルウェアコレクションは、香港の雰囲気を醸し出しています。また、メキシコのボスコ・ソディ氏、台湾のWu Chu-Thung氏、韓国のJiana Kim氏など、国際的に活躍するアーティストの作品を厳選して展示し、地元の人々に親しまれています。

フォスター+パートナーズによる、ロサンゼルスの、20世紀初頭に完成した映画館を改修したアップルの最新店舗「アップル・タワー・シアター」。既存の建物に新たな目的を与え都市再生も意図

2,002.81 フォスター+パートナーズによる、ロサンゼルスの、20世紀初頭に完成した映画館を改修したアップルの最新店舗「アップル・タワー・シアター」。既存の建物に新たな目的を与え都市再生も意図

フォスター+パートナーズによる、ロサンゼルスの、20世紀初頭に完成した映画館を改修したアップルの最新店舗「アップル・タワー・シアター」。既存の建物に新たな目的を与え都市再生も意図 photo©Cesar Rubio
フォスター+パートナーズによる、ロサンゼルスの、20世紀初頭に完成した映画館を改修したアップルの最新店舗「アップル・タワー・シアター」。既存の建物に新たな目的を与え都市再生も意図 photo©Cesar Rubio
フォスター+パートナーズによる、ロサンゼルスの、20世紀初頭に完成した映画館を改修したアップルの最新店舗「アップル・タワー・シアター」。既存の建物に新たな目的を与え都市再生も意図 photo©Cesar Rubio

フォスター+パートナーズが設計した、アメリカ・ロサンゼルスの、20世紀初頭に完成した映画館を改修したアップルの最新店舗「アップル・タワー・シアター」です。既存の建物に新たな目的を与え都市再生も意図しています。

こちらはリリーステキストの翻訳

LAダウンタウンのアップル・タワー・シアターの幕が上がる

ロサンゼルスのダウンタウンの中心に位置するAppleの最新店舗、アップル・タワー・シアターがオープンしました。このデザインは、ロサンゼルスで最も歴史のある映画館のひとつを再活性化するために、建物に新たな目的を与え、失われた栄光を取り戻すことを目的としています。アップル・タワー・シアターの公開は、ロサンゼルスのダウンタウンにおける都市再生の重要な一部であり、この地域の都市部の小売店やコミュニティの生活を強化するものです。

このデザインは、アップル社とフォスター+パートナーズ社のデザインチームが緊密に協力して実現したものです。

タワーシアターは、1927年に映画館の設計者であるS・チャールズ・リーによって設計された、ロサンゼルスで最初のトーキングムービーを上映する映画館です。この設計では、特徴的な時計塔とテラコッタの外壁を復元し、歴史的な内装を強化し、マルケとブロードウェイ通りの立面を改善するとともに、アクセス性を向上させることで、この建物が将来にわたって存続し、コミュニティに貢献できるようにしています。

フォスター+パートナーズのスタジオ責任者であるステファン・ベーリング(Stefan Behling)は次のように述べています。
「私は、人は人と一緒にいるのが好きだと信じています。これは、世界中の都市の基本です。アップル・タワー・シアターは、街の楽観性と回復力を示す新たな道標となり、ロサンゼルスのダウンタウンへの信頼の証となるでしょう。このデザインは、映画誕生時のロマンスと興奮を蘇らせ、『存在する場所』のアイデアを再現しています。内装の精巧なディテールは、丹念に復元されています。今日からアップル・タワー・シアターは、LAのダウンタウンに都市生活の活力を取り戻すための活動や祝賀行事で再び活気づくことでしょう。」

デザインは、ブロードウェイでのアクティブな存在感を目指しています。来場者は、ストリートレベルの広々としたロビーに入ります。ロビーを抜け、復元された大階段で上層階に上がりると、地上階のメインシアターホールの巨大なボリュームが現れ、それは壮大な展示エリアへと生まれ変わっています。壁や天井に施された1920年代の歴史的な漆喰の装飾は、丁寧に修復され、さらに美しさを増しています。劇場天井の中央ドームには、南カリフォルニアの空に降り注ぐ穏やかな黄金色の太陽を描いたフレスコ画が描かれ、空間に躍動感と色彩を与えています。

また、トーキー映画の黄金時代を彷彿とさせるように、プロセニアムアーチの下にスクリーンを設置しました。また、階段とエレベーターを利用してバルコニー階にアクセスすることができ、フォーラムを鑑賞するのに最適な席となっています。シアタースタイルのゆったりとした革張りのシートには、電源とデータポイントが内蔵されており、ジーニアスの予約時間を待つ間、お客様にリラックスしていただくのに最適な場所です。バルコニーの最上部にはジーニアスがあります。そこでは、シアターの映写機の窓のすぐ下に位置し、復元されたシアターの全貌を見ることができます。アップルでの今日は、人々にインスピレーションを与え、2階のバルコニーを含む店舗全体を劇場型のイベントスペースに変える、新しいマグネットとなるでしょう。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。