アトリエ・ワンの塚本由晴と貝島桃代が2021年7月に行った、ロンドンの王立芸術院主催の講演会の動画

487.17 アトリエ・ワンの塚本由晴と貝島桃代が2021年7月に行った、ロンドンの王立芸術院主催の講演会の動画

アトリエ・ワンの塚本由晴と貝島桃代が2021年7月2日にオンラインで行った、ロンドンの王立芸術院主催の講演会の動画です。イベントの公式ページはこちら

In the lecture, which is titled Architectural Behaviorology, the architects discussed the architectural impact of the Olympic Games in Tokyo in 1964 and 2021 and how it has affected their own practice.

The duo explained their approach to architecture –how they try to create a continuous loop between research, teaching and their own design work – before discussing how they have increasingly shifted their attention to rural areas of Japan.

Projects featured in the talk include Atelier Bow-wow’s work over a number of years in Momonoura, a small fishing village that was devastated by the Tsunami in 2011.

Tsukamoto presented projects including the studio’s Tanada Terrace Office pavilion, a concept for a rural office that Atelier Bow-Wow built with Muji in an area of Japanese farmland dominated by terraced rice fields.

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。