【ap job更新】 山路哲生建築設計事務所が、設計スタッフ(経験者・新卒既卒・業務委託・パートタイム)を募集中

ap job 【ap job更新】 山路哲生建築設計事務所が、設計スタッフ(経験者・新卒既卒・業務委託・パートタイム)を募集中

【ap job更新】 山路哲生建築設計事務所が、設計スタッフ(経験者・新卒既卒・業務委託・パートタイム)を募集中
【ap job更新】 山路哲生建築設計事務所が、設計スタッフ(経験者・新卒既卒・業務委託・パートタイム)を募集中

山路哲生建築設計事務所の、設計スタッフ(経験者・新卒既卒・業務委託・パートタイム)募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

山路哲生建築設計事務所では設計スタッフを募集しています。

山路哲生建築設計事務所について

隈研吾建築都市設計事務所を経て2015年に設立した山路哲生が主宰する建築設計事務所です。近年開業された渋谷駅スクランブルスクエアや、中国を中心とした海外の大規模な開発に携わってきた一方、住宅やホテルの内装・家具、また小さな屋台の設計など幅広いスケールで設計をしております。徐々に活動規模が広がるこの過渡期に、一緒に計画に参加してくれる仲間を募集しています。

都市部では今注目されるベンチャー企業やディベロッパーとの協業が弊社のひとつの特徴となっています。現在建設中の銀座のオフィスビルでは解体以前から既存の建物を街に開放するアートイベントを開催し、その一連の活動において昨年これからの建築士賞を受賞しています。また、この7月からデザインコードによる新しい設計手法「ASOLIE」を協働開発し、リリースしています。

今まさに大きく変わろうとしている産業構造の中で、建築によって実現されるものも建築が担う枠組みも変わり続けています。建築を軸にまちづくりから家具デザインまでスケールを横断して設計に携わることで業種間における不要な障壁を乗り越え、きめ細やかな社会をつくることを目標としています。達成すべき目的の為に同業、異業種関わらず、様々な業種の方とチームをつくり協働し、既成の設計の枠組みを超えた設計手法を模索しています。

建築士としての経験・技術の習得ができるとともに、幅広い職種の方々と協働することができます。現在代表含めて7名(設計士6名、事務会計1名)の小規模な事務所ですので、実力に応じて早期にプロジェクトリーダーとして担当頂きます。各人の責任も大きいですが与えられる裁量も大きくなります。小規模だからこそ各人の個性を存分に発揮し、その挑戦と成長を共に楽しんでくれる気質・性格の方をお待ちしております。代表の山路は大学講師を兼務しており、人材育成や研究・開発にも力を注いでいます。
またオフィスを数事務所でシェアしているため日常的に10~20名程の設計スタッフが在席しています。普段から他事務所との交流が図れるので、風通しが良く、同年代のスタッフ同士で互いに切磋琢磨できる職場環境にあります。

現在進行中の設計プロジェクト
住宅、オフィスビル、ホテル、市場、商業施設、医療施設、公共施設、地方都市まちづくり、リゾート開発、家具、事業開発コンサルなど

デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる、アメリカ・ニューヨークの、複合ビル「ザ・ブライアント」。ホテル・集合住宅・店舗が入り、外観にニューヨークのタワーの伝統的な3層構成を踏襲し周辺の歴史的建造物との関連を保持しつつ現代的な解釈を付与

891.98 デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる、アメリカ・ニューヨークの、複合ビル「ザ・ブライアント」。ホテル・集合住宅・店舗が入り、外観にニューヨークのタワーの伝統的な3層構成を踏襲し周辺の歴史的建造物との関連を保持しつつ現代的な解釈を付与

デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる、アメリカ・ニューヨークの、複合ビル「ザ・ブライアント」。ホテル・集合住宅・店舗が入り、外観にニューヨークのタワーの伝統的な3層構成を踏襲し周辺の歴史的建造物との関連を保持しつつ現代的な解釈を付与ブライアントパークからの眺め。 photo©Simon Menges
デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる、アメリカ・ニューヨークの、複合ビル「ザ・ブライアント」。ホテル・集合住宅・店舗が入り、外観にニューヨークのタワーの伝統的な3層構成を踏襲し周辺の歴史的建造物との関連を保持しつつ現代的な解釈を付与北側のファサードは、公園に向かって開かれた広い公園に向かって開いていくようなリズムをもっています。 photo©Simon Menges
デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる、アメリカ・ニューヨークの、複合ビル「ザ・ブライアント」。ホテル・集合住宅・店舗が入り、外観にニューヨークのタワーの伝統的な3層構成を踏襲し周辺の歴史的建造物との関連を保持しつつ現代的な解釈を付与ファサードのテラゾはアパートメントのインテリアにも続きます。 photo©Simon Menges

デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツが設計した、アメリカ・ニューヨークの、複合ビル「ザ・ブライアント」です。ホテル・集合住宅・店舗が入り、外観にニューヨークのタワーの伝統的な3層構成を踏襲し周辺の歴史的建造物との関連を保持しつつ現代的な解釈を付与しています。

こちらは、建築家によるテキストの翻訳

ザ・ブライアントは、マンハッタンのミッドタウンにある9エーカーの公共公園、ブライアント・パークの南西の角に位置する32階建ての複合施設です。周囲は歴史的建造物に囲まれており、北側はニューヨーク公共図書館、東側はボザール様式で有名なノックスビルに隣接しています。このビルは、14階までがホテルで、その上が個人の住居になっています。この2つの構成要素は、ストリートレベルでは2つの独立したロビーで提供され、隣接する2つの店舗ユニットがストリートフロントを活気づけます。

建物は、ニューヨークのタワーの伝統的な3つの部分(ベース、ミドル、クラウン)から構成されています。ベース部分は敷地の幅いっぱいに広がり、二層吹き抜けの1階部分とホテルの1~4階部分が入っています。ホテルのバーとラウンジのために床から天井までの高さを増やし、フットプリントを減らしたことが、ミドル部の始まりとなっています。このセットバックにより、40丁目に沿って中高層の建物が交互に並ぶ高さのパターンを維持しながら、ホテルの宿泊客と住宅のテナントの両方が利用できる屋外テラスが作られています。タワーの最上部にある2つのペントハウスのための2階建ての空間によって、クラウンが確立されています。

ファサードは、ランドマーク保全委員会の条件を遵守し、近隣の歴史的建造物との関連性を保ちつつ、現代的な解釈を加えています。コンクリートには、近隣の建物のファサードに使われている石材と同じ種類の骨材が使用されています。磨き上げられたプレキャストコンクリートのスラブと柱は、テクトニックグリッドの構成に沿っており、クラシカルな外観を持ち、街並みの中でその存在をしっかりと主張しています。

このコンクリート構造は、住宅の内部にまで及んでおり、建築物としての実体感とアイデンティティを強化しています。造り付けの家具は、収納スペースや家電製品を隠しながら、空間を仕切っているため、間仕切り壁の必要がなく、周囲の景色を遮るものがありません。床から天井まである窓からは、すべての住宅の南北面にあるジュリエットバルコニーに出ることができます。ペントハウスには2階建ての柱状のテラスがあり、都市や公園を見渡すことができます。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。