デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツらが設計を進める、スコットランド・エディンバラの音楽と演劇のための施設「ダナード・センター」。都市の軸線を意識しその終着点となり、周辺建物の素材を参照し新古典主義建築の3層構成を取り入れた外観をつくる

783.72 デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツらが設計を進める、スコットランド・エディンバラの音楽と演劇のための施設「ダナード・センター」。都市の軸線を意識しその終着点となり、周辺建物の素材を参照し新古典主義建築の3層構成を取り入れた外観をつくる

デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツらが設計を進める、スコットランド・エディンバラの音楽と演劇のための施設「ダナード・センター」。都市の軸線を意識しその終着点となり、周辺建物の素材を参照し新古典主義建築の3層構成を取り入れた外観をつくるセント・アンドリュー・スクエアからの眺め。 image©David Chipperfield Architects
デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツらが設計を進める、スコットランド・エディンバラの音楽と演劇のための施設「ダナード・センター」。都市の軸線を意識しその終着点となり、周辺建物の素材を参照し新古典主義建築の3層構成を取り入れた外観をつくるエルダーストリートから到着方向を見る。 image©David Chipperfield Architects
デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツらが設計を進める、スコットランド・エディンバラの音楽と演劇のための施設「ダナード・センター」。都市の軸線を意識しその終着点となり、周辺建物の素材を参照し新古典主義建築の3層構成を取り入れた外観をつくるレジスター・プレイス方面の西側からフロアカフェを見下ろす。 image©Hayes Davidson

デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツレイアッハ・アンド・ホール・アーキテクツ(Reiach and Hall Architects)が設計を進めている、スコットランド・エディンバラの音楽と演劇のための施設「ダナード・センター(Dunard Centre)」です。要求機能性に答えると共に、都市の軸線を意識しその終着点となり、周辺建物の砂岩素材を参照し新古典主義建築の3層構成を取り入れた外観をつくっています。2025年の竣工を予定。

こちらは建築家によるテキストの翻訳

エディンバラは豊かな文化遺産を持つ都市であり、毎年世界最大の舞台芸術フェスティバルが開催されています。ダナード・センターは、スコットランド室内管弦楽団のエジンバラでの拠点となり、アコースティックやアンプを使った様々な音楽パフォーマンスやイベントのための新しいスペースとして、長年にわたってエジンバラに必要とされてきた専用の中規模パフォーマンス会場を提供します。会場には、1,000席のオーディトリアム、カフェ、バー、様々なイベントに対応する多機能スペース、教育普及プログラムなどが設置されます。完成すれば、エディンバラでは100年ぶりとなる、音楽とパフォーミング・アーツのための新しい専用スペースとなります。

新しい会場は、ユネスコの世界遺産に登録されているエディンバラの、ジョージ王朝時代の新市街の東端に位置し、新市街のフォーマルな雰囲気とレジスター・ハウス周辺の小道のより親密な雰囲気が融合する場所にあります。この建物は、セント・アンドリュー・スクエアにあるグレードAに指定されたダンダス・ハウス(1771年)の裏手に位置しており、ダンダス・ハウスとつながっています。セント・アンドリュー・スクエアは、特別なイベントのための正式な入り口として機能します。都市レベルでは、ニュータウンの主要な軸線であるジョージ・ストリートの端に、本来ならば壮大な公共の建物が建つはずだった場所に、ふさわしい終着点を提供することを目指しています。また、比較的目立たない場所にあるため、すぐに都市の状況がわかるようになっています。会場は、いくつかのアプローチルートとエントランス、そして新たに整備されたパブリックスペースを通じて、周辺の異なる地域を結びつけています。

建物の機能は、洗練されたコンパクトで交差する3つのボリュームに分散されています。コンサートホールは中央に位置し、純粋な楕円形をしています。その形状とスケールは、音響上の要求と敷地上の位置によって決定されます。ホールのボリュームは近隣の建物よりも高くなっており、ジョージストリートに沿った東側の軸線方向の眺めを終了させる都市的なジェスチャーとなっており、前景にはダンダスハウスが見えています。重なり合う下層部のボリュームは直交する形で、補助的な機能やパブリックな機能が収められている。これにより、建物の全体的な重さを軽減し、周辺の小道やポケットガーデン、近隣の建物のスケールや形状、雰囲気に合わせて固定することができます。

新会場のファサードは、その秩序と素材感の両方において、ニュータウンの建築に関連しています。他の新古典主義建築に見られるベース、ミドル、トップの表現は、この建物の(ファサードの)マス目の構成に取り入れられており、コンクリートの質感と色調は、ニュータウンに見られる様々な砂岩を参照しています。パブリック・エリアの特徴は、建物の建築様式によって設定されており、その背景にある空間演出を利用することで、会場と様々なアプローチの間に、変化に富んだ一連の相互接続された空間を作り出しています。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。