【ap job更新】 沖縄を拠点とし 全国から注目される作品をつくる「STUDIO COCHI ARCHITECTS」が、設計スタッフ・設計補助スタッフを募集中

ap job 【ap job更新】 沖縄を拠点とし 全国から注目される作品をつくる「STUDIO COCHI ARCHITECTS」が、設計スタッフ・設計補助スタッフを募集中

【ap job更新】 沖縄を拠点とし 全国から注目される作品をつくる「STUDIO COCHI ARCHITECTS」が、設計スタッフ・設計補助スタッフを募集中
【ap job更新】 沖縄を拠点とし 全国から注目される作品をつくる「STUDIO COCHI ARCHITECTS」が、設計スタッフ・設計補助スタッフを募集中House in Tamagusuku ©Ooki Jingu

沖縄を拠点とし 全国から注目される作品をつくる「STUDIO COCHI ARCHITECTS」の、設計スタッフ・設計補助スタッフ募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

STUDIO COCHI ARCHITECTSでは、設計スタッフ、設計補助スタッフを募集します。
現在、沖縄県内を中心に、住宅、店舗、宿泊施設、その他多くのプロジェクトが進行しています。

沖縄を中心にこれからの熱帯アジアの建築を共に考えていける方を歓迎します。

MVRDVによる、ドイツ・マンハイムの、高層集合住宅「the ‘O’」。HOMEの4文字の中の“O”の形をした建築で、“O”の中心部にパブリックテラスが設けられ、エリアの“リビングルーム”としての役割も果たす

649.56 MVRDVによる、ドイツ・マンハイムの、高層集合住宅「the ‘O’」。HOMEの4文字の中の“O”の形をした建築で、“O”の中心部にパブリックテラスが設けられ、エリアの“リビングルーム”としての役割も果たす

MVRDVによる、ドイツ・マンハイムの、高層集合住宅「the ‘O’」。HOMEの4文字の中の“O”の形をした建築で、“O”の中心部にパブリックテラスが設けられ、エリアの“リビングルーム”としての役割も果たす image©MVRDV
MVRDVによる、ドイツ・マンハイムの、高層集合住宅「the ‘O’」。HOMEの4文字の中の“O”の形をした建築で、“O”の中心部にパブリックテラスが設けられ、エリアの“リビングルーム”としての役割も果たす image©MVRDV
MVRDVによる、ドイツ・マンハイムの、高層集合住宅「the ‘O’」。HOMEの4文字の中の“O”の形をした建築で、“O”の中心部にパブリックテラスが設けられ、エリアの“リビングルーム”としての役割も果たす image©MVRDV

MVRDVが設計した、ドイツ・マンハイムの、高層集合住宅「the ‘O’」。HOMEの4文字の中の“O”の形をした建築で、“O”の中心部にパブリックテラスが設けられ、エリアの“リビングルーム”としての役割も果たします。順次、他の文字(H、M、E)の形の建物も建設されるとのこと。

こちらはリリーステキストの翻訳です

近隣地域に個性をもたらす。MVRDVの「O」がマンハイムのフランクリン・ミッテに登場

MVRDVが設計した高層アパートメント「O」の最初の販売が開始されました。この建物は「HOME」を意味する4つの文字の形をしたアパートの1つとして、マンハイムのフランクリン・ミッテ地区の特徴的な要素を形成しています。15階建てのこの建物は、120戸のアパートメントに加え、地上階には商業施設やバー、テラスが設けられています。遊び心のある形をしたこの建物は、地域のランドマークとしても機能しており、地域全体の特徴を示す重要な要素となっています。

フランクリン・ミッテは、旧ベンジャミン・フランクリン米軍兵舎の持続可能な変革の中で実現された、いくつかの地区の一つです。フランクリン・ミッテのマスタープランは、41ヘクタールの敷地にさまざまなタイプの建物と用途を組み合わせたもので、MVRDVが同じ敷地に提案したマスタープランの要素をいくつか取り入れています。街を一直線に貫く「ヨーロッパ軸」、スーパーマーケットや診療所、薬局などを併設しながら街の中心部を見渡せる「グリーンヒル」、そして「HOME」を意味する大文字の形をした4つの高層ビルなどがあります。

HOMEの「O」はグリーンヒルに隣接しており、高層ビルと隣接するいくつかの低層ビルで構成されています。その存在感を際立たせているのが、青いレンガのファサードと、色鮮やかなガラスの手すりで囲まれたバルコニーです。これらのバルコニーにより、プロジェクトのほぼすべてのアパートメントが屋外スペースに直接アクセスできるようになっています。

「O」の中心にはパブリックテラスがあります。このテラスには公共の階段が設置されており、このエリアの「リビングルーム」としての役割を果たしています。近隣の景色を眺められるだけでなく、建物の4階にあるバーへの壮大な入り口にもなっています。グリーンヒルと合わせて、このポディアムは理想的なイベント会場となり、観客は丘の上で行われるショーを見ることができます。

地上では、「O」の四方を広場が囲んでいます。これはドイツのクリアランスエリア法で定められているものです。MVRDVのデザインでは、この規則を可能な限り忠実に再現し、各面に建物の高さを投影しています。広場のレイアウトに見られる「O」字型と格子状のファサードにより、居住者や訪問者が周囲の都市に形を与える法則について熟考することを促しています。

伊東豊雄が、2021年11月にArchitects not Architecture主催で行った講演の動画。建築ではなく建築家自身を語るイベントとして知られる

433.04 伊東豊雄が、2021年11月にArchitects not Architecture主催で行った講演の動画。建築ではなく建築家自身を語るイベントとして知られる

伊東豊雄が、2021年11月にArchitects not Architecture主催で行った講演の動画です。日本語でプレゼンテーションされたものが英訳されるスタイルで行われています。Architects not Architectureは、建築ではなく建築家自身を語るイベントとして知られていて、様々な建築家の講演を企画しています。

クリスト&ガンテンバインとオフィス・ゲールス・ファン・セーヴェレンが、2021年10月にハーバード大学主催で行ったレクチャーの動画

162.39 クリスト&ガンテンバインとオフィス・ゲールス・ファン・セーヴェレンが、2021年10月にハーバード大学主催で行ったレクチャーの動画

クリスト&ガンテンバイン(Christ & Gantenbein)オフィス・ケルステン・ゲールス・ダヴィッド・ファン・セーヴェレン(OFFICE Kersten Geers David Van Severen)が、2021年10月20日にハーバード大学主催で行ったレクチャーの動画です。

「香川県庁の旧館と東館が国の重要文化財に 丹下健三氏が設計」(NHK NEWS WEB)

433.04 「香川県庁の旧館と東館が国の重要文化財に 丹下健三氏が設計」(NHK NEWS WEB)

「香川県庁の旧館と東館が国の重要文化財に 丹下健三氏が設計」という記事が、NHK NEWS WEBに掲載されています。
また、KSB瀬戸内海放送の同トピックのニュース動画は以下です。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。