【ap job更新】 チームラボアーキテクツが、プロジェクト規模の拡大にともない建築設計実務経験者・内装設計実務経験者を募集中

ap job 【ap job更新】 チームラボアーキテクツが、プロジェクト規模の拡大にともない建築設計実務経験者・内装設計実務経験者を募集中

【ap job更新】 チームラボアーキテクツが、プロジェクト規模の拡大にともない建築設計実務経験者・内装設計実務経験者を募集中
【ap job更新】 チームラボアーキテクツが、プロジェクト規模の拡大にともない建築設計実務経験者・内装設計実務経験者を募集中

チームラボアーキテクツの、プロジェクト規模の拡大にともない建築設計実務経験者・内装設計実務経験者募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

チームラボアーキテクツでは、プロジェクト規模の拡大にともない、我々のチームに参加してくれる建築設計実務経験者、内装設計実務経験者を募集します。

建築設計者は、世界中に建設する建築プロジェクトに建築設計の段階からオープンまで参加していただきます。
内装設計者は、アート空間や情報社会に向けた空間設計を担当していただきます。

進行プロジェクトの地域
ニューヨーク、サンフランシスコ、マイアミ、ユトレヒト、バルセロナ、ハンブルグ、ロンドン、パリ、サウジアラビア、マカオ、クアラルンプール、シンガポール、上海、北京、深セン、東京、京都など世界各地。

異なる職能との共同作業
プロジェクトは他の職能をもつメンバーと共同で行います。
大きなプロジェクトでは国籍とわず100人規模のメンバーが参加します。
計画する都市ごとに、共同する世界中のひとたちと共につくりあげていきます。

MVRDVのファサードデザインで完成した、中国・上海の「ブルガリ上海」。中国で貴重とされる翡翠を模したパネルは、ボトルをリサイクルした素材でつくられ、上海とブルガリの伝統を表現すると共に高級品の持続可能なリサイクル素材の可能性を示す

595.43 MVRDVのファサードデザインで完成した、中国・上海の「ブルガリ上海」。中国で貴重とされる翡翠を模したパネルは、ボトルをリサイクルした素材でつくられ、上海とブルガリの伝統を表現すると共に高級品の持続可能なリサイクル素材の可能性を示す

MVRDVのファサードデザインで完成した、中国・上海の「ブルガリ上海」。中国で貴重とされる翡翠を模したパネルは、ボトルをリサイクルした素材でつくられ、上海とブルガリの伝統を表現すると共に高級品の持続可能なリサイクル素材の可能性を示す photo©Bulgari
MVRDVのファサードデザインで完成した、中国・上海の「ブルガリ上海」。中国で貴重とされる翡翠を模したパネルは、ボトルをリサイクルした素材でつくられ、上海とブルガリの伝統を表現すると共に高級品の持続可能なリサイクル素材の可能性を示す photo©Bulgari
MVRDVのファサードデザインで完成した、中国・上海の「ブルガリ上海」。中国で貴重とされる翡翠を模したパネルは、ボトルをリサイクルした素材でつくられ、上海とブルガリの伝統を表現すると共に高級品の持続可能なリサイクル素材の可能性を示す photo©Bulgari
MVRDVのファサードデザインで完成した、中国・上海の「ブルガリ上海」。中国で貴重とされる翡翠を模したパネルは、ボトルをリサイクルした素材でつくられ、上海とブルガリの伝統を表現すると共に高級品の持続可能なリサイクル素材の可能性を示す photo©Bulgari

MVRDVのファサードデザインで完成した、中国・上海の「ブルガリ上海」です。中国で貴重とされる翡翠を模したパネルは、ボトルをリサイクルした素材でつくられ、上海とブルガリの伝統を表現すると共に高級品の持続可能なリサイクル素材の可能性を示すことが意図されました。

こちらはリリーステキストの翻訳

シャンパンボトルをリサイクルして作られた翡翠のファサード。MVRDVが上海でブルガリの旗艦店を完成させる

上海最大級の人気ショッピングモールである上海プラザ66に、ブルガリの新しい旗艦店が誕生しました。この新店舗は、MVRDVがデザインした緑の翡翠のようなファサードが特徴で、真鍮と、シャンパンやビールなどのガラス瓶をリサイクルして作られています。ローマのブルガリ本店や上海のユニークなアールデコ建築など、様々な影響を受けたこのプロジェクトは、ブルガリと上海の伝統に忠実でありながら、革新的で持続可能なものとなっています。

ブルガリ上海は、MVRDVとイタリアの高級宝飾ブランドとの継続的なパートナーシップにおいて、3番目の旗艦店のファサードとなります。これまでのデザインと同様に、上海のプロジェクトでは、ローマのコンドッティ通りにあるブルガリの最初のブティックのポータルとコーニスにインスパイアされたヴィジュアルモチーフを使用しており、現在では世界中のブルガリの店舗を区別する、認識しやすいヴィジュアル・アイデンティティを採用しています。

しかし、これまでのデザインとは一味違い、このモチーフはファサードの窓には使われていません。その代わり、上海のファサードはほとんど窓がなく、コーニスのモチーフは、アールデコ調のパターンを形成する層状のパネルに採用されています。アール・デコは、上海とブルガリに共通するテーマです。20世紀初頭、東西を結ぶ重要な港としての中国の都市は、この建築様式の豊かな伝統を持っており、ブルガリのデコ・コレクションは同時代のジュエリーを特徴づけていました。

このインスピレーションの輪を閉じるために、ファサードは中国の最も貴重な石である翡翠を模したパネルで高級ジュエリーの素材感を表現しています。東洋と西洋の文化の粋を集めたジュエリーのようなアール・デコ建築です。金色に輝く真鍮のトリムは、ファサードに翡翠のジュエリーのような外観を与えています。

パネルには圧縮された緑色のガラスが使われており、ユニークな素材の効果で半透明の仕上がりになっています。夜になると、パネルの後ろに設置されたバックライトがファサードに印象的な光を与え、ガラスの独特な質感を際立たせます。このガラスは完全にリサイクルされたもので、ガラス処理を専門とするドイツのトイツヘンタールにあるマグナ社の工場で生産されています。MVRDVとブルガリは、100%循環型経済の素材を使用した店舗デザインを目指していますが、このプロジェクトは、高級品においても持続可能なリサイクル素材の可能性を示すものです。また、バックライトは、ファサードのエネルギー・フットプリントを最小限に抑えるように設計されており、一般的な同等の設備の半分以下のエネルギーしか使用していません。

MVRDVの設立パートナーであるヤコブ・ファン・ライスは言います。
「ブルガリとのコラボレーションでは、魅力的な素材の実験が行われました。」「上海の店舗は、こうした実験の価値を象徴しています。適切な処理とディテールを施すことで、通常は捨てられてしまうシャンパンやビールのボトルが、街のための宝石となるのです。」

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。