【ap job更新】 用途種別や建築形式を問わず設計に取り組む「鹿嶌信哉+佐藤文/K+Sアーキテクツ」が、設計スタッフを募集中

ap job 【ap job更新】 用途種別や建築形式を問わず設計に取り組む「鹿嶌信哉+佐藤文/K+Sアーキテクツ」が、設計スタッフを募集中

【ap job更新】 用途種別や建築形式を問わず設計に取り組む「鹿嶌信哉+佐藤文/K+Sアーキテクツ」が、設計スタッフを募集中
【ap job更新】 用途種別や建築形式を問わず設計に取り組む「鹿嶌信哉+佐藤文/K+Sアーキテクツ」が、設計スタッフを募集中軽井沢追分の家

用途種別や建築形式を問わず設計に取り組む「鹿嶌信哉+佐藤文/K+Sアーキテクツ」の、設計スタッフ募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

鹿嶌信哉+佐藤文/K+Sアーキテクツでは設計スタッフを募集しております。

当社では個人住宅をはじめ、別荘、共同住宅、テラスハウス(長屋)、コーポラティブハウス、病院、児童福祉(養護)施設、老人福祉施設(特別養護老人ホーム・介護老人保健施設)、公共施設など用途種別や建築形式を問わず、いろいろな建築プロジェクトの設計・監理に取り組んでいます。

基本設計~実施設計~現場監理までのフローにおける技術と知識をスキルアップしながら、バランス良く多様な経験ができる環境を作っています。建築を通じて如何に社会・ひと・環境・生活・歴史などに密接に関わっていけるかを、考え、意見交換をしながら設計活動に取り組んでいます。

当事務所に興味を持たれた方はご連絡をいただき、ポートフォリオを送って下さい。

【ap job更新】 株式会社 北園空間設計が、設計スタッフ(新卒・既卒・実務経験者)の正社員を募集中

ap job 【ap job更新】 株式会社 北園空間設計が、設計スタッフ(新卒・既卒・実務経験者)の正社員を募集中

【ap job更新】 株式会社 北園空間設計が、設計スタッフ(新卒・既卒・実務経験者)の正社員を募集中
【ap job更新】 株式会社 北園空間設計が、設計スタッフ(新卒・既卒・実務経験者)の正社員を募集中K織物株式会社 + K邸 / photo by mamoru ishiguro

株式会社 北園空間設計の、設計スタッフ(新卒・既卒・実務経験者)の正社員募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

北園空間設計です。
設計スタッフを募集します。
新卒、既卒、実務経験者、いずれでも構いません。

住宅・別荘・店舗・工場などの設計をしています。
高尾山に近く、のどかで空気の良いところです。

意欲的で創造的な方を歓迎します。
宜しくお願いします。

五十嵐敏恭 / STUDIO COCHI ARCHITECTSによる、沖縄・南城市の住宅兼工房「真謝原の家」。豊かな自然の中の開放的な住まいの要望に、必要諸室の機能と面積を決め“開放的な広間”と“シェルター”の空間に分け計画、自然から身を守り風土に寄り添い暮らせる建築をつくる

404.81 五十嵐敏恭 / STUDIO COCHI ARCHITECTSによる、沖縄・南城市の住宅兼工房「真謝原の家」。豊かな自然の中の開放的な住まいの要望に、必要諸室の機能と面積を決め“開放的な広間”と“シェルター”の空間に分け計画、自然から身を守り風土に寄り添い暮らせる建築をつくる

五十嵐敏恭 / STUDIO COCHI ARCHITECTSによる、沖縄・南城市の住宅兼工房「真謝原の家」。豊かな自然の中の開放的な住まいの要望に、必要諸室の機能と面積を決め“開放的な広間”と“シェルター”の空間に分け計画、自然から身を守り風土に寄り添い暮らせる建築をつくる photo©神宮巨樹
五十嵐敏恭 / STUDIO COCHI ARCHITECTSによる、沖縄・南城市の住宅兼工房「真謝原の家」。豊かな自然の中の開放的な住まいの要望に、必要諸室の機能と面積を決め“開放的な広間”と“シェルター”の空間に分け計画、自然から身を守り風土に寄り添い暮らせる建築をつくる photo©神宮巨樹
五十嵐敏恭 / STUDIO COCHI ARCHITECTSによる、沖縄・南城市の住宅兼工房「真謝原の家」。豊かな自然の中の開放的な住まいの要望に、必要諸室の機能と面積を決め“開放的な広間”と“シェルター”の空間に分け計画、自然から身を守り風土に寄り添い暮らせる建築をつくる photo©神宮巨樹

五十嵐敏恭 / STUDIO COCHI ARCHITECTSが設計した、沖縄・南城市の住宅兼工房「真謝原の家」です。豊かな自然の中の開放的な住まいの要望に、必要諸室の機能と面積を決め“開放的な広間”と“シェルター”の空間に分け計画、自然から身を守り風土に寄り添い暮らせる建築をつくりだします。

東京から移住してきた工芸家夫婦の住宅兼工房。

敷地は沖縄本島南部の海が見える高台にあり、集落からは少し離れているため周辺には豊かな自然が残されている。
建主は、小さくても沖縄の豊かな自然の中で暮らせる開放的な住宅と工房を望まれていた。

建築家によるテキストより

建築は沖縄の豊かな自然の中で暮らせる開放的な広間と猛烈な自然から身を守るためのシェルターとしての個室からできている。予算が限られていたため、最低限必要な諸室の機能と面積を相談しながら決めていき、それらを広間と箱(シェルター)の空間に分けて配置した。

建築家によるテキストより

作業性を考慮し地面と繋がる1階にシェルターとしての2つの工房と、工房同士を繋ぐような自由に広く使える半野外の広間を設け眺望が良くプライバシーの確保しやすい2階に大きな屋根がかかる開放的な広間とシェルターとして小さな寝室と水まわりを設けた。

建築家によるテキストより
ギゴン / ゴヤーによる、スイス・チューリッヒの、複合ビル「Hotel and Office Building Greencity」。工業団地の開発の一環として計画、ホテルとオフィスをプログラムとし、ファサードの構成要素の意匠で両方に適した印象を与える

727.26 ギゴン / ゴヤーによる、スイス・チューリッヒの、複合ビル「Hotel and Office Building Greencity」。工業団地の開発の一環として計画、ホテルとオフィスをプログラムとし、ファサードの構成要素の意匠で両方に適した印象を与える

ギゴン / ゴヤーによる、スイス・チューリッヒの、複合ビル「Hotel and Office Building Greencity」。工業団地の開発の一環として計画、ホテルとオフィスをプログラムとし、ファサードの構成要素の意匠で両方に適した印象を与える photo©Seraina Wirz
ギゴン / ゴヤーによる、スイス・チューリッヒの、複合ビル「Hotel and Office Building Greencity」。工業団地の開発の一環として計画、ホテルとオフィスをプログラムとし、ファサードの構成要素の意匠で両方に適した印象を与える photo©Seraina Wirz
ギゴン / ゴヤーによる、スイス・チューリッヒの、複合ビル「Hotel and Office Building Greencity」。工業団地の開発の一環として計画、ホテルとオフィスをプログラムとし、ファサードの構成要素の意匠で両方に適した印象を与える photo©Seraina Wirz

ギゴン / ゴヤーが設計した、スイス・チューリッヒの、複合ビル「Hotel and Office Building Greencity」です。。工業団地の開発の一環として計画、ホテルとオフィスをプログラムとし、ファサードの構成要素の意匠で両方に適した印象を与える建築となっています。

こちらは建築家によるテキストの翻訳

チューリッヒ南部の工業団地「シールパピア・マネッグ(Sihlpapier Manegg)」に、「2000ワット社会」の理念に基づく複合施設「グリーンシティ」が開発されています。線路と高速道路の間に位置し、7階建てのホテルとオフィスビルは、11階建ての隣接ビルとともに、市街地に面した新しい地区のヘッドを形成しています。このアンサンブルは、細長いマネッグ広場に隣接する公共の中庭を囲んでいます。長方形の低層棟は、中庭だけでなく、西側の線路と道路にも面しています。中庭は、北側に向かうにつれて細長くなり、ピアッツァのようなプロポーションになっています。3つの屋根付き窪みは、それぞれの利用者の玄関ホールに通じています。ファサードには、茶色のアルマイト板を水平・垂直に重ねたものと、木・金属窓や細長い換気フラップが交互に配置されています。視点によっては、開口部と被覆材、構造と外装が相互に浸透しています。

この敷地の国際設計コンペは、高速道路に隣接するオフィスやサービス業のための高層ビル群を規定した予備計画に基づいて行われたものでした。ギゴン&ゴヤーの都市設計が一等賞を獲得し、その後の開発は2つの建築事務所が分担して行うことになりました。

今回のプロジェクトは、当初はオフィス専用、第2期ではホテル専用として計画されました。現在は、オフィスが3分の1、ホテルが3分の2という組み合わせになっています。オフィスは上層階の南側を占め、ロビー、階段、エレベーターコアを含みます。この1階には、独立したエントランスを持つデイケアセンターがあります。ホテルのレセプションは道路側にあり、朝食会場とバーは中庭に面しています。

コンクリート柱、床スラブ、コアで構成された耐力スケルトンは、様々な用途に対応できるようになっています。ファサードは、各階のフレキシブルな間仕切りグリッドと構造を反映しているが、同時に、被覆材、窓枠、換気フラップが階によって微妙にずれていることで、それを打ち消しています。金属製プロファイルの傾斜は、オフィスとホテルの両方に適した印象を与えるため、ファサードの複数の読み取りに貢献しています。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。