【ap job更新】 公共建築や海外コンペに積極参加し勝利もしている「UAO株式会社」が、各種の設計スタッフとアルバイトを募集中

ap job 【ap job更新】 公共建築や海外コンペに積極参加し勝利もしている「UAO株式会社」が、各種の設計スタッフとアルバイトを募集中

【ap job更新】 公共建築や海外コンペに積極参加し勝利もしている「UAO株式会社」が、各種の設計スタッフとアルバイトを募集中
【ap job更新】 公共建築や海外コンペに積極参加し勝利もしている「UAO株式会社」が、各種の設計スタッフとアルバイトを募集中那須塩原市図書館 みるる

公共建築や海外コンペに積極参加し勝利もしている「UAO株式会社」の、各種の設計スタッフとアルバイト募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

UAO株式会社では、設計スタッフを募集しています。

UAOは公共建築、海外コンペを積極的に参加し勝利している事務所です。
積極的で楽しく一緒に仕事を取り組む事が出来る方募集しています。

【ap job更新】 文化財建造物、歴史的建造物の研究・調査・設計監理を行う「株式会社 建文」が、設計スタッフ(経験者・新卒既卒)を募集中

ap job 【ap job更新】 文化財建造物、歴史的建造物の研究・調査・設計監理を行う「株式会社 建文」が、設計スタッフ(経験者・新卒既卒)を募集中

【ap job更新】 文化財建造物、歴史的建造物の研究・調査・設計監理を行う「株式会社 建文」が、設計スタッフ(経験者・新卒既卒)を募集中
【ap job更新】 文化財建造物、歴史的建造物の研究・調査・設計監理を行う「株式会社 建文」が、設計スタッフ(経験者・新卒既卒)を募集中デ・ラランデ邸/江戸東京たてもの園

文化財建造物、歴史的建造物の研究・調査・設計監理を行う「株式会社 建文」の、設計スタッフ(経験者・新卒既卒)募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

文化財建造物、歴史的建造物の研究・調査・設計・監理を行う「株式会社 建文」が設計スタッフを募集中

株式会社 建文では、契約社員(中途、新卒とも可)を募集しています。

中途の方は、歴史的建造物の設計経験はなくても、社寺、歴史的建造物に興味があれば大丈夫ですが、歴史研究の経験があり設計意欲もある方が望ましいです。

弊社は社寺、文化財建造物、歴史的建造物の研究・調査・設計・監理を行っています。
近年、建物活用に伴う保存活用計画作成、改修・新築設計等の業務を軸に、展示や庭園、遺跡関連の業務なども増えてきております。

四阿のような小さなものから、大手事務所からの発注や設計JVで行う大型案件など、様々なプロジェクトを手掛けています。

デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる、中国・景徳鎮の音楽アカデミー。地域産業である磁器工場跡地の開発計画の一環として建設、20世紀半ばに建てられた元陶磁器製造工場2棟を改修して利用、既存の素材や詳細に沿って修復すると共に新用途に合わせ機能も向上させる

324.78 デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる、中国・景徳鎮の音楽アカデミー。地域産業である磁器工場跡地の開発計画の一環として建設、20世紀半ばに建てられた元陶磁器製造工場2棟を改修して利用、既存の素材や詳細に沿って修復すると共に新用途に合わせ機能も向上させる

デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる、中国・景徳鎮の音楽アカデミー。地域産業である磁器工場跡地の開発計画の一環として建設、20世紀半ばに建てられた元陶磁器製造工場2棟を改修して利用、既存の素材や詳細に沿って修復すると共に新用途に合わせ機能も向上させる音楽アカデミーを見る image©David Chipperfield Architects
デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる、中国・景徳鎮の音楽アカデミー。地域産業である磁器工場跡地の開発計画の一環として建設、20世紀半ばに建てられた元陶磁器製造工場2棟を改修して利用、既存の素材や詳細に沿って修復すると共に新用途に合わせ機能も向上させる音楽アカデミー、ホワイエ image©ATCHAIN
デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる、中国・景徳鎮の音楽アカデミー。地域産業である磁器工場跡地の開発計画の一環として建設、20世紀半ばに建てられた元陶磁器製造工場2棟を改修して利用、既存の素材や詳細に沿って修復すると共に新用途に合わせ機能も向上させる音楽アカデミー、コンサートホール image©ATCHAIN

デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツ・ベルリン&上海による、中国・景徳鎮の音楽アカデミーです。
地域産業である磁器工場跡地の開発計画の一環として建設、20世紀半ばに建てられた元陶磁器製造工場2棟を改修して利用、既存の素材や詳細に沿って修復すると共に新用途に合わせ機能も向上させる事が意図されました。2022年の完成を予定しています。また全体のマスタープランもデイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツが手掛けています。

こちらは建築家によるテキストです

景徳鎮の新しい文化地区の中心に位置する音楽アカデミーは、キャンパス大通りの南端にあり、活気に満ちています。20世紀半ばに建てられた陶磁器製造の工場だった2棟の建物を利用しています。2棟のレンガ造りの建物は、新しい用途に合わせて改装され、グレードアップされています。歴史的な穴のあいた石組みや窓は、オリジナルの素材やディテールに沿って修理されています。このように地元の遺産に配慮することで、工場建築の工業的な雰囲気が保たれています。屋根は、断熱性と遮音性を高めるため、波型金属屋根から新しい瓦屋根に葺き替えられています。

北側の大きな工場棟には350席のコンサートホールがあり、歴史的な工業建築の中に引っ込んだ形で設計されています。日当たりがよく、3方向から周囲を見渡せるこのコンサートホールは、アカデミーの中心的な存在です。コンサートの要求に応えるため、屋根は完全に改築され、より良い音響のために容積が拡大されています。大きな建物の中央には風通しの良いホワイエがあり、メインエントランスとサーキュレーションゾーンとして機能しています。観客のためのサービス施設やアカデミーの練習室は、新しい木製のキューブに収められ、建物内に2階建て構造として積み重ねられています。

繊細な鋼鉄の桁を持つガラスの屋根は、地上から南側の小さな建物への屋根付き通路を形成しており、木の幹とロープでできた歴史的な屋根構造が特徴的です。この建物は、木製のトランクとロープでできた歴史的な屋根構造を持っていますが、この屋根の荷重を新しい鉄骨構造に移すことで、敷地内の元の用途を思い起こさせるようにしました。以前は地下室がなかった工場棟の新しい地下階には、技術室やレコーディングスタジオがあります。メイプルベニヤ、パイン材、マスチックアスファルトなどの高品質な仕上げが、歴史的建造物の工業的な外観をより一層引き立てています。

デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる、中国・景徳鎮のホテル。地域産業である磁器工場跡地の開発計画の一環として建設、3つのホテルとイベント会場を独立した4つの建物に配置した上で地上階を繋ぎ公共的空間も確保、周囲と調和する煉瓦素材で外観をつくる

0.00 デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる、中国・景徳鎮のホテル。地域産業である磁器工場跡地の開発計画の一環として建設、3つのホテルとイベント会場を独立した4つの建物に配置した上で地上階を繋ぎ公共的空間も確保、周囲と調和する煉瓦素材で外観をつくる

デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる、中国・景徳鎮のホテル。地域産業である磁器工場跡地の開発計画の一環として建設、3つのホテルとイベント会場を独立した4つの建物に配置した上で地上階を繋ぎ公共的空間も確保、周囲と調和する煉瓦素材で外観をつくるホテルの外観 photo©Fangfang Tian
デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる、中国・景徳鎮のホテル。地域産業である磁器工場跡地の開発計画の一環として建設、3つのホテルとイベント会場を独立した4つの建物に配置した上で地上階を繋ぎ公共的空間も確保、周囲と調和する煉瓦素材で外観をつくるホテルの外観 photo©Fangfang Tian
デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる、中国・景徳鎮のホテル。地域産業である磁器工場跡地の開発計画の一環として建設、3つのホテルとイベント会場を独立した4つの建物に配置した上で地上階を繋ぎ公共的空間も確保、周囲と調和する煉瓦素材で外観をつくるホテルの中庭 photo©Fangfang Tian

デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツ・ベルリン&上海による、中国・景徳鎮のホテル。
地域産業である磁器工場跡地の開発計画の一環として建設、3つのホテルとイベント会場を独立した4つの建物に配置した上で地上階を繋ぎ公共的空間も確保、周囲と調和する煉瓦素材で外観をつくる計画です。また全体のマスタープランもデイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツが手掛けています。

こちらは建築家によるテキストです

グランドシアターと音楽アカデミーの間に位置し、景徳鎮の新しい文化地区の中心にあるホテルコンプレックスです。この複合施設は、4つ星ホテル、5つ星ホテル、イベント会場の4つの独立した建物で構成されています。広々とした軽量鉄骨の構造体は、地上階で各ビルをつなぎ、さまざまな公共活動のための共同スペースを作り出しています。

各ホテル棟には中庭があり、個別に造園された庭は、隣接するホテルの廊下からパンチングレンガの壁を通して見ることができ、帰属意識、静寂、方向性を伝えています。大通りに隣接する2棟のうち南側の建物には、さまざまなパブリックイベントに対応できる格調高いファンクションルームがあります。1960年代に建てられた元寮の建物を保存し、アパートメントビルとしてホテルを補完するために複合施設に組み込んでいます。

歴史的な工場の建物を参考に、ホテルのファサードには地元の建築材料であるレンガを主に使用し、周辺地域とシームレスに調和するようにしました。ファンクションルームの半透明なファサードとホテルのバルコニーのパンチングバルブレードは、プライベートエリアとパブリックエリアの間のフィルターとして機能しています。千鳥格子のレンガの柱は、建物全体のボリュームをヒューマンスケールに近づけています。

デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる、中国・景徳鎮のグランドシアター。地域産業である磁器工場跡地の開発計画の一環として建設、工業建築の伝統的素材の煉瓦を踏襲した二つの劇場を内包する建築で、ガラス張りのホワイエが光を放ちランドマークになる事も意図

595.43 デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる、中国・景徳鎮のグランドシアター。地域産業である磁器工場跡地の開発計画の一環として建設、工業建築の伝統的素材の煉瓦を踏襲した二つの劇場を内包する建築で、ガラス張りのホワイエが光を放ちランドマークになる事も意図

デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる、中国・景徳鎮のグランドシアター。地域産業である磁器工場跡地の開発計画の一環として建設、工業建築の伝統的素材の煉瓦を踏襲した二つの劇場を内包する建築で、ガラス張りのホワイエが光を放ちランドマークになる事も意図グランドシアター、外観 photo©Fangfang Tian
デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる、中国・景徳鎮のグランドシアター。地域産業である磁器工場跡地の開発計画の一環として建設、工業建築の伝統的素材の煉瓦を踏襲した二つの劇場を内包する建築で、ガラス張りのホワイエが光を放ちランドマークになる事も意図グランドシアター、オペラハウスのホワイエ photo©Fangfang Tian
デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる、中国・景徳鎮のグランドシアター。地域産業である磁器工場跡地の開発計画の一環として建設、工業建築の伝統的素材の煉瓦を踏襲した二つの劇場を内包する建築で、ガラス張りのホワイエが光を放ちランドマークになる事も意図グランドシアター、オペラハウス photo©Fangfang Tian

デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツ・ベルリン&上海による、中国・景徳鎮のグランドシアターです。
地域産業である磁器工場跡地の開発計画の一環として建設、工業建築の伝統的素材の煉瓦を踏襲した二つの劇場を内包する建築で、ガラス張りのホワイエが光を放ちランドマークになる事も意図されました。また全体のマスタープランもデイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツが手掛けています。

こちらは建築家によるテキストの翻訳

景徳鎮の新しい文化地区の主な公共施設は、地区の西側にある大通りに配置されています。北端には、歴史的な工業建築の伝統的な素材感を踏襲したレンガ造りのグランドシアターがあります。この劇場は、クラシックなオペラハウスとブラックボックスシアターの2つの会場を備えています。

オペラハウスの客席は全面ウォールナット材で覆われ、1200席を収容します。内部は馬蹄形で、3つのバルコニーを備えています。この古典的なヨーロッパの形式は、今日のデジタル環境とは対照的に、観客とパフォーマーがひとつのコミュニティとしてつながり、芸術的パフォーマンスを唯一の本物のライブイベントとして共同で体験することに意味があることを反映したものです。ブラックボックスシアターは、黒い木材で覆われ、柔軟で可動性のあるステージエリアにより、様々なコンテンポラリーパフォーマンスを可能にします。また、ブラックボックスシアターは外部空間に開放することができ、キャンパス内でオープンエアーのコンサートを開催することも可能です。

グランドシアターの両会場は、地上から広々としたホワイエを通ってアクセスし、大通りに向かって建物が開いています。オペラ座の馬蹄形の客席は、ホワイエに突き出し、木製のクロークエリアとその上のギャラリーで囲まれています。大通りの木々から大劇場内部へと連続的に移行するように、キノコ柱に支えられたホワイエの大屋根は、現場打ちコンクリート建築となっています。天然石の床は、内部と外部の空間をさらに結びつけています。また、ホワイエの屋根の上には穴あきレンガのボリュームが現れ、夜には光の冠のように輝き、新しい会場のランドマーク的な存在となっています。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。