[PR]京都で五十嵐太郎らの連続レクチャーが開催

( )

Photo at random

[PR]京都で五十嵐太郎らの連続レクチャーが開催

architecture, promotion

kawa-banner.jpg

京都で五十嵐太郎らが講師を務める連続レクチャー"Query cruise"が開催されます

京都で、五十嵐太郎、南後由和、大屋雄裕佐藤守弘が講師を務める連続レクチャー"Query cruise"が開催されます。

*気鋭の研究者、論客による刺激的な連続レクチャー(各講座全5回)
*少人数制による講師との濃密な講義
*講師と受講生のインタラクションな関係性の重視(ディスカッションや講評)
*社会人の方も参加しやすい平日夜と土曜日の時間帯
*会場はアクセスのいい京都河原町三条

より詳細な概要は以下に掲載します。


VOL,1 2008年11月〜2009年3月
場所:RAD room 京都市中京区河原町三条上がる一筋目東入る恵比須町531-13 3F
定員:各講座20名(受講生は他講座の講義ムービーも閲覧可能です。)
受講料:受講料1回3,000円(学生2.700円) 5回通し14.000円(学生12.000円) ただし、5回通しでご希望の方優先とさせて頂きますのでご了承ください。
申込み〆切:10月20日 まずはメールをお送りください。確認後振込先を連絡いたします。
メールアドレス:event@rad-rad-rad.com
申し込み〆切後も定員に達しない場合は、各回(3,000円)で受け付けます。ホームページより受講可能か確認してください。
講師:
五十嵐 太郎(建築論)
大屋 雄裕(法哲学)
佐藤 守弘(視覚文化論) 
南後 由和(社会学)
*スケジュール、レクチャー内容等はwebsiteでご確認ください。

「?(Query)」を見いだすこと。「?」にむかってクルーズすること。「?」とともにクルーズすること。このレクチャーでは、ただ知識を得るのではなく、その知識までの過程にどのような問いが存在しているのか、またその問いへとどうアプローチすることができるのか、を実感することに重点をおきたいと思います。そしてそこから各自が新たな問いを見いだし、進んでいくことを目指します。何気ない日常の中で、その日常の背後にあって私たちを規定しているなにものかにたいして、もしくは世界全体にいたる巨大な問題にたいして、自分たちにでも取り組める問いを見つけ出してみたい。問うことは世界を新たなものへとつくりかえるきっかけであり、何よりも私たちの生自体を豊かなものへと導いてくれるものとなるでしょう。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact