成瀬・猪熊建築設計事務所による成形合板の椅子

( )

Photo at random

成瀬・猪熊建築設計事務所による成形合板の椅子

architecture, design, feature

narukumachair07.jpg
成瀬・猪熊建築設計事務所がデザインした成形合板の椅子です。
この作品は天童木工 家具デザインコンクール2008のためにデザインされ、天童木工により制作された。
この椅子は、コンペ用の試作段階であるが、まとまった発注により、製品化の可能性も持っているとの事。(>連絡先


narukumachair04.jpg
narukumachair06.jpg
narukumachair05.jpg
制作前の様子
narukumachair001.jpg
以下、建築家によるコンセプト文です。
********
一枚の板から。
この椅子は、柳宗理のバタフライスツールで有名な家具メーカー天童木工が主催するデザインコンペで入賞したものです。
作り方は非常に単純で、一枚の合板をストライプ状に切り欠き、曲率を丹念に調整しながら曲げてゆくだけです。
私たちはこの単純な椅子によって、今までにない合板の存在感・美しさを引き出すことを考えました。人が座っていないときは、合板でできた彫刻のようであり、人が座っているときは、座るために合板が自然にたわんだようにも見える、そんな佇まいを漂わせています。
これは単純なアイディアがもたらす、全く新しい椅子のデザインです。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact