ARCHITECT TOKYO 2009プレビュー、TARO NASU 青木淳展”夏休みの植物群”

( )

Photo at random

ARCHITECT TOKYO 2009プレビュー、TARO NASU 青木淳展”夏休みの植物群”

architecture, art, exhibition, feature

JunAoki2009.jpg
青木淳『夏休みの植物群』展示イメージ図 
© 青木淳建築計画事務所 2009 Courtesy of TARO NASU

この夏、東京で、アートと建築にとって非常に重要なイベントであるARCHITECT TOKYO 2009が行われる。会場のひとつとなっているTARO NASUでは、青木淳の展覧会"夏休みの植物群"が行われる。この展覧会では、青木淳のイマジネーションから生まれた"植物"の立体作品が展示されるという。ここでは、青木による作品を画像とテキストによってプレビューする。


以下、青木による展覧会に関するテキストです。
********
<青木淳の「自由研究」夏休みの植物群>
植物群 TARO NASUという東神田の襞の奥で夏休みに起きていること
 道に面した古い建物の脇を奥に進んで、扉を開けると、そのすぐ先に、まっすぐ下に向かう階段があって、それを降り切った背の高い空間が、TARO NASUのギャラリーだ。町とはつながっているけれど、町の襞の奥深くにあって、表の町とは別の世界が息づいているような感じがする。
 その襞の奥は、普段、白い光の粒が均一に満ちている。しかし、時は夏休みの8月。光は消され、きっと、暗闇が支配しているはずだ。そして、それもTARO NASU の空間のもうひとつ顔なのだ、と、この空間をデザインしたぼくは思っている。
 夏休み、TARO NASUという東神田の襞の奥、その暖かく湿っぽい暗闇のなかで起きていることを想像する。たとえば、植物が、人知れず、独自の進化をとげている。暗闇という水で満ちた地下プールの底で、重力が弱まって、粘菌類が、ふわふわと、肥大している。あたりを探る小さな光を獲得したツタ植物が、互いに互いを照らして出している。(青木淳)

■展覧会タイトル|夏休みの植物群
出展者|青木淳
会期| 2009年8月1日[土]-9月5日[土]
会場| TARO NASU
〒101-0031 東京都千代田区東神田1-2-11
Tel. 03-5856-5713 | Fax. 03-5856-5714
info@taronasugallery.com
http://taronasugallery.com
入場無料/火曜日-土曜日/11:00-19:00/日月祝休
● 夏期休廊:8月9日[日]-24[月]


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact