CA-DESIGNによる青浦の歩道橋
モーモー・アーキテクツによる”I ハウス” レックス・アーキテクツによるコルトライクの図書館 ヘルツォーク&ド・ムーロン”プファッフェンホルツ体育館”の動画 ARCHITECT TOKYO 2009プレビュー、ギャラリー小柳”石上純也 + 杉本博司”展
サムネイル:ARCHITECT TOKYO 2009プレビュー、ギャラリー小柳

11.91 ARCHITECT TOKYO 2009プレビュー、ギャラリー小柳”石上純也 + 杉本博司”展

hs_go-o_shrine_model.jpg
杉本博司 護王神社 – アプロプリエイト プロポーション 雛形 2003年
© Hiroshi Sugimoto / Courtesy of Gallery Koyanagi

この夏、東京で、アートと建築にとって非常に重要なイベントであるARCHITECT TOKYO 2009が行われる。会場のひとつとなっているギャラリー小柳では、石上純也と杉本博司による”石上純也杉本博司“展が行われる。展示されるのは石上による神奈川工科大学KAIT工房の模型と、杉本による”護王神社 – アプロプリエイト プロポーション”の雛型と小田原で進行中のプロジェクトの模型、『Architecture』シリーズの写真作品である。
ここでは、彼らによる作品の画像によってプレビューする。

松村正恒”八幡浜市立日土小学校”の改修後の写真

0.71 松村正恒”八幡浜市立日土小学校”の改修後の写真

松村正恒”八幡浜市立日土小学校”の改修後の写真が花田佳明研究室のブログに掲載されています

松村正恒が設計した愛媛の小学校”八幡浜市立日土小学校”の改修後の写真などが13枚、花田佳明研究室のブログに掲載されています。歴史的な建築を保存・改修した貴重な事例。2009年8月1日には見学会+シンポジウムも開催されます。詳しくはこちら

次のギャラリー間での展示は隈研吾展 森美術館で行われているアイウェイウェイ展の写真

0.03 森美術館で行われているアイウェイウェイ展の写真

森美術館で行われているアイウェイウェイ展の写真がブログ”弐代目・青い日記帳”に掲載されています

森美術館で行われているアーティストのアイウェイウェイの展覧会”アイ・ウェイウェイ展-何に因って?”の写真が12枚、ブログ”弐代目・青い日記帳”に掲載されています。またリンク先ブログによれば、この展覧会では”美術館展示室内での写真撮影を、試験的に許可”しているとの事。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。