デザイナー清水久和とデザインディレクター岡田栄造による”鏡の髪型 清水久和”展のプレビュー

( )

Photo at random

デザイナー清水久和とデザインディレクター岡田栄造による”鏡の髪型 清水久和”展のプレビュー

design, feature

mageten.jpg

東京・勝どきの@btfで、デザイナー清水久和とデザインディレクター岡田栄造による展覧会"鏡の髪型 清水久和"が行われる。会期は2010年1月22日(金曜日)~2010年2月28日(日曜日)(休館日:月曜日/祝日※詳しい情報は最下部を参照ください。)
ここでは作品の一部の写真や制作プロセスの写真、岡田によるテキストによって展覧会をプレビューします。


galerie_downtown02.jpg
パリのギャラリー・ダウンタウンでの展示の様子。
galerie_downtown01.jpg
パリのギャラリー・ダウンタウンでの展示の様子。
galerie_downtown04.jpg
パリのギャラリー・ダウンタウンでの展示の様子。
galerie_downtown03.jpg
パリのギャラリー・ダウンタウンでの展示の様子。
process00.jpg
制作プロセス。
process01.jpg
制作プロセス。
process02.jpg
制作プロセス。
process03.jpg
制作プロセス。
process05.jpg
制作プロセス。
mirror_06.jpg
聖徳太子 / Prince Shōtoku、2010年
アクリルミラー、グラスファイバー、アルミニウム
W1200mm H1640mm D60mm W16kg

mageten2.jpg
長谷川平蔵 / Hasegawa Heizo、2009年
アクリルミラー、グラスファイバー、アルミニウム
W1560mm H1380mm D60mm W15.5kg

以下、ディレクターの岡田栄造による展覧会についてのテキストです。
***********
なぜ鏡に髪型が必要なのでしょう?
- 鏡は髪型をチェックするためのものだからです。
(清水久和)

髪を整えるとき、人は鏡を使う。鏡がなければ、髪型を確かめることはできない。人が髪型を気にするのは、身だしなみのためである。他者が見る自分を、自分が思う自分らしさと一致させるためである。髪型は自分らしさの媒体である。鏡に映った髪型が、人のイメージをつくる。
髪型は、人物の代名詞にもなる。髪型を描くだけで、見る人に特定の人物を思い出させることができる。髪型が分かりやすければ、顔は必要ない。塗り残されたキャンバスでよいし、楕円形の鏡でいい。「鏡の髪型」は肖像画である。メディアに流通する著名人のイメージを写した絵である。
「鏡の髪型」には、平面的ではあるが特徴的な髪型が描かれている。それによって単なる楕円形の鏡が歴史的な人物の顔に見えてくる。私たちは想像する。聖徳太子や紫式部の、歴史の教科書で見た肖像を思い出し、髪型と楕円の関係から、適切な目や鼻や口の位置と形を描こうとする。私たちの想像はしかし、頭の中で確かな像を結ぶことがない。教科書の記憶は曖昧である。そもそも鏡の周囲に描かれた髪型自体が、デザイナーの記憶をもとにしている。描かれた髪型は、私たちに特定の人物を思い出させる。にもかかわらず、その顔を正確に思い描くことは不可能である。
顔の部分が塗り残されたキャンバスだったらどうか。白いキャンバスは、肖像画の抽象性を保証するだろう。同時に、私たちにキャンバスの物質性を意識させるに違いない。情報が不足しているとき、私たちの脳はどんな些細なものも想像に活かそうとする。キャンバスに傷があれば、それを目に、鼻に、口に見立てようとする。傷がなければ、キャンバスのテクスチャーが補助線として浮かび上がる。
鏡は塗り残されたキャンバスとは異なる。髪型の絵に縁取られた鏡には、物質性は感じられない。その代わり、鏡には常に何かが映っている。見ている人や、鏡の向かいの壁が映る。それらの像は、キャンバスに残された傷と同じように使うことができる。私たちの想像の重要な補助線となる。私たちは、例えば鏡に映った床の目地をもとに口を描こうとする。鏡に映った照明が目に見える。映るのはどんなものでもいい。「鏡の髪型」を見ている私たちにとって、楕円の鏡に映るものすべてが、想像のための貴重な資源となる。
本展ディレクター 岡田栄造
■展覧会概要
主催 : バタフライ・ストローク・株式會社
協力 : ギャラリー・ダウンタウン(パリ)
会期 : 2010年1月22日(金曜日)~2010年2月28日(日曜日)
開館時間 : 11:00~19:00
休館日:月曜日/祝日
入場料 : 無料
会場 : @btf
住所 : 〒104-0054 東京都中央区勝どき2-8-19 近富ビル倉庫3階3A
アクセス:都営大江戸線「勝どき駅」A2出口より徒歩3分
レセプションパーティー : 2010年1月22日(金曜日) 19:00~21:00
トークショー : 2010年2月6日(土曜日) 15:30~17:00


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact