山口隆建築研究所による”伊勢の住宅”

( )

Photo at random

山口隆建築研究所による”伊勢の住宅”

architecture, feature

ise010.jpg

山口隆建築研究所が設計した"伊勢の住宅"です。


ise001.jpg
ise002.jpg
ise003.jpg
ise004.jpg
ise005.jpg
ise006.jpg
ise007.jpg
ise008.jpg
ise009.jpg
ise011.jpg
ise012.jpg
ise014.jpg
ise015.jpg
ise-plan.gif
以下、建築家によるテキストです。
**********
伊勢の住宅
敷地は伊勢市内を南北に貫く宮川を臨む小高い崖に位置する。北西に10mほど下がった急斜面には、落葉樹が立ち並ぶ。建物はこの斜面の頂上にわずかに残された平地に計画された。
施主からは、隣接する住宅街とは切り離しながらも、豊かな眺望と自然に満たされた生活の場を要求された。
建物は、南北に延びる敷地に平行に片流れ断面をも2つのボリュームが置かれる。それらは互いに向き合い、切り妻の屋根形状を形作る。さらに矩形のヴォイドが中央を貫き、XYZ軸方向に拡張する。ボリュームとヴォイド相互が複雑に絡み合い空間を構成している。
量塊としての存在感を持たせるために、外部にはシームレスなFRP塗装が施される。崖下から見上げると、2つの白いマッスの存在が木々の中に垣間見え、自然の風景を一層際立たせる。夕刻には西日により映し出された木々の陰影が、白壁のスクリーンに投影される。
中庭を軸に諸室は回遊するように配される。エントランスからは、玉砂利の敷かれた2層分の中庭が垂直方向に伸び、上空からは自然光が差し込む。水平方向にも伸び、先には矩形に切り取られた河畔を眺める。
東棟1Fには、一体となったリビング・ダイニング・キッチンが広がり、生活の中心として機能する。北側の開口からは、伊勢の街と宮川の風景を見渡すことができる。光沢のあるアルミ床は、中庭から差し込む自然光を増幅させ、様々な風景を映し出す。連続するパウダー・バス・シャワースペースは、中庭に面するスリガラスを通した乳白の光で満たされる。
2Fのファミリースペースと寝室は勾配天井を持ち、屋根スリットからの間接光により柔らかく照らし出される。
西棟には車庫と書斎が配される。奥行の深い書斎は、開口の高さを抑えることで、パノラミックな風景を取り込む。西棟は東棟よりもわずかに低く、屋上にはテラスが広がる。
枝先が連なる木々の向こう側には、河川敷やまちの風景を見下ろし、夏には花火を楽しむことができる。
ここでは、建物は一定の閉鎖性を保ちながらも、様々な開口を用意することで、生活の場において光と風景を鮮明に浮かび上がらせている。そうすることで、凡庸になりがちな生活に変化と刺激を与え、周辺環境との豊かな関係性を築いている。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact