神田篤宏+佐野もも / comma design officeによる滋賀の住宅「長浜のいえ」

( )

Photo at random

神田篤宏+佐野もも / comma design officeによる滋賀の住宅「長浜のいえ」

architecture, feature

NGHK_6_comma.jpg
photo(C)comma、その他の写真については(C)太田拓実

神田篤宏+佐野もも / comma design officeによる滋賀の住宅「長浜のいえ」です。


NGHK_2.jpg
NGHK_3.jpg
NGHK_4.jpg
NGHK_5.jpg
NGHK_7.jpg
NGHK_8.jpg
NGHK_9.jpg
NGHK_10.jpg
NGHK_11.jpg
NGHK_12.jpg
NGHK_13.jpg
NGHK_14.jpg
NGHK_15.jpg
NGHK_16.jpg
NGHK_17.jpg
NGHK_18.jpg
NGHK_19.jpg
NGHK_20.jpg
以下、建築家によるテキストです。
**********
長浜のいえ
滋賀県長浜市に建つ住宅です。
敷地の南西側には住宅が並び、敷地西側の道路は近隣住民の歩行がメインで車の交通量の少ない道路です。
敷地の北東側には空地や田畑が広がり遠方の伊吹山まで見通せるのどかな風景ですがその手前、敷地の北側に隣接する道路は交通量も多く通過する車のスピードも速い道路です。
このように周辺環境はスピードやスケールにギャップがあって、互いが徐々にスケールアップ/ダウンしながら連続的につながっていくものとして捉えるより、異なるスピードやスケールが同時に重なっている状況だと捉えたほうがこの敷地状況に即していると考えました。
ここではそれぞれの異なる状況に対して開かれている状態をつくりたいと考えました。
ひとつの対象に対して直接的に開くというよりも間に緩衝帯をを介することで複数の対象に対して同時に開いていく住宅です。
建物は敷地四周を回遊する平屋ボリューム、その口の字型のボリュームを一部持ち上げたかたちをしています。
そうすることで1階は近隣住戸に対して開き、2階は遠景に対して開きます。
建物中央は視線が外に抜けていく閉じない中庭になり、街路や車道、遠景それぞれに対して同時に開かれます。
2階ボリュームの下は屋根付きのガレージであり、近所の人が立ち寄る軒下空間になります。同時にその影の向こうに見える街路は静止画を見ているようです。
屋内の生活とのギャップが大きい北側道路の交通量や車のスピードも、自分の家越しに見ることで穏やかな風景として感じられます。
中庭越しに見える自分の家はひとつながりの空間でありながら周辺環境と並置され、隣の家のようにも見えます。
■建物概要
用途:専用住宅
敷地:滋賀県長浜市
敷地面積:201.03㎡
建築面積:132.58㎡
延床面積:157.55㎡
階数:地上2階
構造:鉄骨造


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact