岸本和彦 / acaaによる東京都目黒区の住宅「House-H ~黒いクレバス~」

( )

Photo at random

岸本和彦 / acaaによる東京都目黒区の住宅「House-H ~黒いクレバス~」

architecture, feature

househ001
all photos(C)上田宏

岸本和彦 / acaaが設計した東京都目黒区の住宅「House-H ~黒いクレバス~」です。

 立つのか椅子に座るのか、あるいは床に直に座るのかといった居方の差異から幾つかの適正かつ最小限の空間スケールの居場所を導きだし、空間のリーチが最大限になるように立体構成を行った。

※以下の写真はクリックで拡大します

househ002

househ003

househ004

househ005

househ006

househ007

househ008

househ009

househ010

househ011

househ012

househ013

househ014

househ015

househ016

househ017

househ018

househ019siteplan

househ020plan1f

househ021plan2f

househ022planloft

househ023section

以下、建築家によるテキストです。

***********

 立つのか椅子に座るのか、あるいは床に直に座るのかといった居方の差異から幾つかの適正かつ最小限の空間スケールの居場所を導きだし、空間のリーチが最大限になるように立体構成を行った。分節されながら接続される居場所は、段差や明暗、レベル差と空間重心の変化によって、距離が伸縮する。つまり部分と全体が共存する住宅は、日常における過ごし方によって常に揺れ動く人と人の関係を受け止め、自分の居る場所を選び取るきっかけを提供する。
 アプローチから連続的に引き込まれる「外部」は、クビレを利用して視線を遮断し「内部」化される。不安定な周辺環境から遮断する事が要請された住宅における内と外は、そこで緩やかに繋がり延長される。

■建築概要
計画地:東京都目黒区
構造:木造
敷地面積:84.04㎡
延床面積:71.74㎡
用途:住宅
規模:2階建て
建築面積:37.60㎡
竣工年:2013年
外部仕上げ:外壁:アクリルリシン木コテ押え(藁入り)、レッドシダー
屋根:ガルバリウム鋼板
内部仕上げ:内壁:P.B.+土佐和紙、P.B.+EP
床:ウォールナット OF


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact