井原正揮による愛知県豊田市の住宅「風景を通す家」

( )

Photo at random

井原正揮による愛知県豊田市の住宅「風景を通す家」

architecture, feature

001wer21ss_F8G0608
all photos(C)上田宏建築写真事務所

井原正揮が設計した愛知県豊田市の住宅「風景を通す家」です。

周辺からの制約や視線を遮るものが無い穏やかなこの土地に、閉鎖的なユートピアではなく、また、自らのみで風景を作り出すのでもなく、自然環境の流れの中に自らが参加する住宅をつくることができないだろうか、と考えた。

※以下の写真はクリックで拡大します

002wer22ss_F8G0594

003wer48ss_F8G0266

004wer27ss_F8G0533

005wer31ss_F8G0501-2

006wer17ss_F8G0640

007wer36ss_F8G0451

008wer37ss_F8G0437

009wer15ss_F8G0668

010wer41ss_F8G0398

011wer42ss_F8G0393

012wer25ss_F8G0559

013plan

014section1

015section2

以下、建築家によるテキストです。

**********

農業振興地域に指定された棚田が南と西に大きく広がる敷地に建つ、家族3人のための住宅である。
この土地に初めて訪れたのは3年前の初夏。田植えが済んだばかりの水田の緑と水の反射、そしてそこを抜けてくる爽やかな風が、既に植えられていたカラタネオガタマやカキ、レモンなどの樹木を優しく揺らす音、水路を流れる水の音が心地良い環境を作り出していた。
周辺からの制約や視線を遮るものが無い穏やかなこの土地に、閉鎖的なユートピアではなく、また、自らのみで風景を作り出すのでもなく、自然環境の流れの中に自らが参加する住宅をつくることができないだろうか、と考えた。
南から北へ段々と下がる棚田のつくる断面的環境と、西へ望む鎮守の森へと続がる平面的環境を持つこの敷地に対して、1階では南北への抜けを、2階では東西への抜けを作ることとした。壁、床、天井を線として扱い、その線で構成した6本の門型フレームを、北から南へ、東から西へと650mmずつ高くなるように3本ずつ並べて重ね合わせた。
それらによってできたのは、朝の光で目覚めたり心地よい風の中でうたた寝したりしたい、どこにいても相手の気配を感じていたい、けれど収納は沢山ほしい、という建主の要望に応えた、居場所によって光も、風も、音も、空の広さも、流れる風景も異なる、そして、内外が連続する、ひとつながりの、「風景を通す家」である。

■建築概要
風景を通す家
所在地:愛知県豊田市
家族構成:夫婦+子供1人
階数:地上2階階
敷地面積:243.11m2
建築面積:62.11m2
延床面積:98.93m2(1F:50.91/2F:48.02m2)
設計・監理:井原正揮
構造:藤尾建築構造設計事務所
造園:GARDEN WORKS 園三
施工:丸長ホーム


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact