増田建築計画事務所による静岡県浜松市の「住宅 和合」

( )

Photo at random

増田建築計画事務所による静岡県浜松市の「住宅 和合」

architecture, feature

01wagou
photo(C)Tadafumi Masuda

増田建築計画事務所が設計した静岡県浜松市の「住宅 和合」です。

建物は2階建ての直方体のボックスに、奥行き1mのバルコニーが取り付いている構成であり、バルコニーは2階の諸室をつなぐ半屋外通路として機能すると同時に、下部は玄関ポーチや縁側の軒となり、さらにはキャンチレバーによって構造的に自由となった壁面に開けられた幅10mの水平開口が建物の外観を特徴づけている。

※以下の写真はクリックで拡大します

02wagou
photo(C)Tadafumi Masuda

03wagou
photo(C)Tadafumi Masuda

04wagou
photo(C)Tadafumi Masuda

05wagou
photo(C)Tadafumi Masuda

06wagou
photo(C)Tadafumi Masuda

07wagou
photo(C)Tadafumi Masuda

08wagou
photo(C)Yasutaka Shimizu / NINE SENSE

09wagou
photo(C)Yasutaka Shimizu / NINE SENSE

10wagou
photo(C)Yasutaka Shimizu / NINE SENSE

11wagou
photo(C)Yasutaka Shimizu / NINE SENSE

12wagou
photo(C)Yasutaka Shimizu / NINE SENSE

13wagou_siteplan

14wagou_1f_plan

15wagou_2f_plan

16wagou_elevation

17wagou_section

以下、建築家によるテキストです。

**********

住宅 和合

浜松市郊外に建つ、若い夫婦と子供のための住宅である。建物は2階建ての直方体のボックスに、奥行き1mのバルコニーが取り付いている構成であり、バルコニーは2階の諸室をつなぐ半屋外通路として機能すると同時に、下部は玄関ポーチや縁側の軒となり、さらにはキャンチレバーによって構造的に自由となった壁面に開けられた幅10mの水平開口が建物の外観を特徴づけている。
建物は不定形な形状の敷地の北側に配置され、LDKの吹抜空間からは、大開口を通じて南側の庭を一体的に感じることができ、南西側の森林も借景として取り込んでいる。水平、垂直方向にダイナミックに抜ける開放的な内部空間を計画した。

■建築概要
所在地:静岡県浜松市
用途:一戸建ての住宅
規模・構造:木造2階建(SE構法)
敷地面積:298.30㎡
建築面積:59.21㎡
延床面積:107.65㎡(1F:59.21㎡ / 2F:48.44㎡)
設計・監理:増田忠史+蜂谷伸治 / 増田建築計画事務所
施工:インフィルプラス
竣工年:2014年


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact