ノンスケールによるロンドンのパビリオン実施設計コンペの勝利案「SKY PAVILION」の画像

( )

Photo at random

ノンスケールによるロンドンのパビリオン実施設計コンペの勝利案「SKY PAVILION」の画像

architecture, competition, feature

INDIVIDUAL_IMAGES_02

東京を拠点とする、ノンスケールによるロンドンのパビリオン実施設計コンペの勝利案「SKY PAVILION」の画像です。
Archtriumph主催の国際コンペ「Triumph Pavilion 2015」の勝利案で、日時計という自然の要素をデジタルファブリケーションの手法を用いてデザインされています。来夏、ロンドンのミュージアムガーデンにて実現されるとの事。

SKY PAVILIONというテーマのもと、いかに空と敷地をつなげ、そのパビリオンを訪れた人々がその「つながり」を体験できるかチャレンジした作品になります。

星をモチーフとしたユニットが地面から51.5度の角度で複雑につながりあい、パビリオン全体が日時計の役割を果たしています。テクノロジー社会の中、12進法では年に6時間のずれが生じてしまい、このパビリオンを通してテクノロジーの価値と限界を改めて体験できるようなパビリオンです。また複雑に見えるこのパビリオンは大・小、二種類のパネルのみを使用し、デジタルファブリケーションで施工できるように設計されています。

※以下の写真はクリックで拡大します

INDIVIDUAL_IMAGES_01

INDIVIDUAL_IMAGES_03

INDIVIDUAL_IMAGES_03b

INDIVIDUAL_IMAGES_04

INDIVIDUAL_IMAGES_05

INDIVIDUAL_IMAGES_06

INDIVIDUAL_IMAGES_07

INDIVIDUAL_IMAGES_08

以下は、英語での作品コンセプトです。

**********

The theme of SKY Pavilion, visitors will experience the “connection” between the site and the SKY through this Sundial Pavilion. People will experience and feel how we used to indicate time from the Sky when there were less technology, and the importance of astronomy on our daily living. People will also, rethink of Technologies that may have limits, how duodecimal makes 6hours of discrepancy from the actual “Time”.

The Pavilion is made from 19 units of the “TWINKLE STAR UNIT”. Each unit is connected together at the angle of the site Latitude, pointing towards North Star at Museum Gardens. Although, its complicated geometry, pavilion is constructed with only 2 types of panels using digital fabrication.


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact