ツバメアーキテクツによる「三田の美容室 UNP(A)S」

( )

Photo at random

ツバメアーキテクツによる「三田の美容室 UNP(A)S」

architecture, feature

IMG_0023

IMG_0048

ツバメアーキテクツが設計した「三田の美容室 UNP(A)S」です。

腰壁の高さのヴォリュームを床から連続的にモルタルで左官し、基礎のように立ち上げる。ヴォリュームは緩やかに領域を分けながらも、視線の抜ける開放的な店舗を作り出す。そこに様々な向きで家具や鏡、壁をしつらえていく事で、人の活動を定着させる治具としての役割をもたせた。

※以下の写真はクリックで拡大します

IMG_0097

IMG_8097

IMG_8127

IMG_8156

IMG_8158

IMG_9871

panorama4

以下、建築家によるテキストです。

***********

三田の美容室の設計。

腰壁の高さのヴォリュームを床から連続的にモルタルで左官し、基礎のように立ち上げる。ヴォリュームは緩やかに領域を分けながらも、視線の抜ける開放的な店舗を作り出す。そこに様々な向きで家具や鏡、壁をしつらえていく事で、人の活動を定着させる治具としての役割をもたせた。

この設計では、平面の大きさが要求された店舗の仕様に対して小さかった事もあり、強い平面形式での設計が窮屈なように感じた。そこで鏡と人が向かいあう、棚と人が向かいあう、お客さんと店員が対面するなど、小さな人とモノのセッティングが美容室での様々な活動を成立させると捉え、その集合として店舗空間が作り出せるのではないかと考えた。動線などの機能的な側面やセッティング同士の関係性を加味しながら、個々の活動を既存の平面にレイアウトしていくように設計を進めた。明快な平面形式はもたないが、モルタルという素材が全体を秩序立て、それぞれの活動が緩やかに連続する内部空間が結果として生まれている。

統一した素材の取扱いによって様々な活動を統合し、全体を構成していく事で、機能や室のゾーニングによる計画とは異なる、よりおおらかな空間がつくれるのではないかと考えた。

■建築概要
店名:UNP(A)S アンプス 三田店
クライアント : 有限会社グローバルヒューマン
設計:株式会社ツバメアーキテクツ
施工:株式会社TANK


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact