noizが会場構成を手掛けた、台湾国立歴史博物館で行われているPeng Wei展の会場写真

( )

Photo at random

noizが会場構成を手掛けた、台湾国立歴史博物館で行われているPeng Wei展の会場写真

architecture, art, feature

noizsama1_250_Space_04

noizsama2_250_Space_30
Photo: Courtesy of Tina Keng Gallery
Art work: Peng Wei
art curation: Rudy Tseng
Space design: noiz

noizが会場構成を手掛けた、台湾国立歴史博物館で行われている、Peng Wei(彭薇)の展覧会「圓滿的旅程」の会場写真です。

この展示デザインでは、彭薇(Peng Wei)の作品の優美さと繊細さーその光や空気の粒のレベルまで表現するにふさわしい展示環境をつくることを考えた。

 展示会場である台灣國立歷史博物館はかなり古い建物で、現代美術にふさわしい自然採光の展示空間をつくり出すことは難しかった。しかし我々はここに均一な光に満ちた白い空間を実現し、重量感のない静逸な空気のなかで、彼女の作品の繊細なマテリアリティーやディテールの美を最大限引き出した。

※以下の写真はクリックで拡大します

noizsama3_250_Space_43

noizsama4_250_Space_46

noizsama5_250_Space_48

noizsama6_250_Space_66_1200

noizsama7_250_Space_55

noizsama8_250_Space_59

noizsama9_250_Space_74

noizsama10_250_Space_77

以下、建築家によるテキストです。

************

この展示デザインでは、彭薇(Peng Wei)の作品の優美さと繊細さーその光や空気の粒のレベルまで表現するにふさわしい展示環境をつくることを考えた。

 展示会場である台灣國立歷史博物館はかなり古い建物で、現代美術にふさわしい自然採光の展示空間をつくり出すことは難しかった。しかし我々はここに均一な光に満ちた白い空間を実現し、重量感のない静逸な空気のなかで、彼女の作品の繊細なマテリアリティーやディテールの美を最大限引き出した。

 デザインのもうひとつの鍵は「旅」。展示計画は、時を超えたひとつの旅の道程というコンセプトに基づいている。彼女の作品の現代性は、抽象化された三角形のエレメントで表現され、それらは鑑賞者を彭薇のアートを巡る旅へと誘う。第一の空間には、中国の切り立った岩山の風景を象徴する三角柱がランダムに配置される。第二の空間では三角形の断面形状を持つ細長いディスプレイテーブルが角度を変えて回転しながら連なる。これらは水面にさざめく波を表し、川を横断する古代の旅人の身体的な経験の記憶を象徴している。シンプルで白い現代的な展示空間の静逸さのなかで、直接的かつ繊細に身体感覚に訴えかけるような「旅」を経験してもらいたいと思っている。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact