UME architects / 梅原悟による、京都の住宅「北白川の角家」

( )

Photo at random

UME architects / 梅原悟による、京都の住宅「北白川の角家」

architecture, feature

kitashirakawa001

kitashirakawa002
all photos(C)市川靖史

UME architects / 梅原悟が設計した、京都の住宅「北白川の角家」です。

 敷地は近くに白川疎水が流れる京都・北白川、東に大文字、南に吉田山、前面道路を挟んだ北側には大学植物園の自然豊かなオープンスペースが見渡せる。また隣が児童公園のため、実質的に街区の角地である。
 そういった敷地に建つ建築の在り方として、まず景観における重要な要素である屋根に着目し、設計を行った。周辺は閑静でありながら道も狭く込み入った新旧の小住宅が建ち並び、その屋根群や外観もバラバラである。そこで建物ではなく、敷地に対して適切な屋根を、プログラムとは切り離してスタディした。その結果、対角線に稜線をもつシンプルな勾配屋根を選択することにした。これは、京都市の景観条例(屋根の種類)において前例がなかったことから優良デザイン会議にて審議され、話し合い、承認を得ることができた。(このような手続きはオランダでは一般的であったため、設計意図を理解してもらうに十分な準備と説明ができたためであろう。) 形骸化しつつある京都市の景観条例に対し、住宅という規模であっても本質的に景観を検討するという具体的回答例を提示することができた。

※以下の写真はクリック拡大します

kitashirakawa003

kitashirakawa004

kitashirakawa005

kitashirakawa006

kitashirakawa007

kitashirakawa008

kitashirakawa009

kitashirakawa010

kitashirakawa011

kitashirakawa012

kitashirakawa013

kitashirakawa014

kitashirakawa015

kitashirakawa016

kitashirakawa017

kitashirakawa018

kitashirakawa019

kitashirakawa020

kitashirakawa021

kitashirakawa022

kitashirakawa023

kitashirakawa024

kitashirakawa025

kitashirakawa026

kitashirakawa027

kitashirakawa028

kitashirakawa029

kitashirakawa030

以下、建築家によるテキストです。

***********

「北白川の角家」

「景観へのアプローチ~屋根の在り方~」
 敷地は近くに白川疎水が流れる京都・北白川、東に大文字、南に吉田山、前面道路を挟んだ北側には大学植物園の自然豊かなオープンスペースが見渡せる。また隣が児童公園のため、実質的に街区の角地である。
 そういった敷地に建つ建築の在り方として、まず景観における重要な要素である屋根に着目し、設計を行った。周辺は閑静でありながら道も狭く込み入った新旧の小住宅が建ち並び、その屋根群や外観もバラバラである。そこで建物ではなく、敷地に対して適切な屋根を、プログラムとは切り離してスタディした。その結果、対角線に稜線をもつシンプルな勾配屋根を選択することにした。これは、京都市の景観条例(屋根の種類)において前例がなかったことから優良デザイン会議にて審議され、話し合い、承認を得ることができた。(このような手続きはオランダでは一般的であったため、設計意図を理解してもらうに十分な準備と説明ができたためであろう。) 形骸化しつつある京都市の景観条例に対し、住宅という規模であっても本質的に景観を検討するという具体的回答例を提示することができた。

「建築空間について」
 ほとんどの時間を過ごす二階を中心とし、三階やロフトをつなぐ吹抜け、テラスから大きく張り出した天井によって、開放的に一体化されたワンルームのようなスペースを構成する家族四人のための住宅である。レベルの違う床スラブやキッチン、階段などで死角をつくりながらも、家族全体の気配を感じながら生活することができる。空間が引き立つシンプルなフレームを目的として、綿密に計画したディテール、さらに現場での丁寧な仕上げが住宅全体のデザインに統一感を与えている。
 二階の四周に付与された「バンド」が、内部からは収納や出窓、外部からは植栽やオブジェのスペース、上下に対してはベンチや庇となり、かつての縁や書院・床または出格子のように、空間に広がりをもたらし、住環境をより豊かなものにし、物理的だけではなく心理的にも作用している。単調な外壁面を断片化することにより周辺のスケールや景観へも配慮し、このちょっとした奥行きが距離感や内外を曖昧にしている。内部より適切に開けられた開口部からの借景のみならず、テラスや軒の植栽や公園の桜、植物園のオープンスペース、遠くは東山へと視線が不均衡な連続性を持って連なっていく。
 この住宅でクライアントは日々、身体的な動き、多角的な視線、経験的なつながりを無意識のうちに感じながら生活していく。
(UME architects / 梅原悟)

■建築概要
作品名:北白川の角家 / The Corner House in Kitashirakawa
設計:UME architects
所在地:京都市左京区
主要用途:専用住宅 / 夫婦+子供2人

設計:UME architects / 梅原悟
   CG製作協力: 岩瀬功樹(インターン) 雪谷亮太(インターン)
構造:株式会社 エス・キューブ・アソシエイツ / 橋本一郎
施工:株式会社 テン・プランニング / 泉典孝 木畑健(元) 今井正夫(元)
設備:木下設備 株式会社 / 木下将
電気:タイコーエンジニアリング / 石口太一
家具:pivoto工房 / 辻井啓司 白栄一郎
外構:奥井造園土木 / 奥井康一

構造:鉄骨造 / 基礎のみRC造
階数:地下1階 地上2階 
軒高:5.90 mm 
最高高さ:8.60 mm
敷地面積:91.62 m2
建築面積:54.93 m2 / 建蔽率59.95% 許容60%
延床面積:119.80 m2 / 容積率130.76% 許容160%
竣工:2014年4月

地域地区:第一種中高層住居専用地域
防火指定:準防火地域
高度地区:15m1種
条例:景観地区(山並み背景型美観地区)
   眺望景観保全地域(眺望空間保全区域 及び 遠景デザイン保全区域)
道路幅員:北4m 


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact