レム・コールハースらも関わっている建築誌『Volume』の序文翻訳等を収録した書籍『LOG/OUT magazine ver.1.0 – VOLUME STUDIES1-10』

( )

Photo at random

レム・コールハースらも関わっている建築誌『Volume』の序文翻訳等を収録した書籍『LOG/OUT magazine ver.1.0 – VOLUME STUDIES1-10』

architecture, book, feature

lo-tour-1_160119-1

レム・コールハースらも関わっている建築誌『Volume』の序文翻訳等を収録した書籍『LOG/OUT magazine ver.1.0 – VOLUME STUDIES1-10』をプレビューします。
榊原充大(RAD)が著・訳を、和田隆介が編集を、デザインを西村祐一手掛けた書籍です。書籍のウェブサイトはこちら
また、2016年2月6日には広島にて、この書籍に関するイベントが行われる模様です。

既存のシステムを乗り越えるための次なる行動のプラットフォームを目指す『LOG/OUT magazine』を創刊しました。創刊号であるver.1.0「VOLUME STUDIES1-10」が対象とするのは、レム・コールハース/AMOやジェフリー・イナバ/C-LABらといった建築シンクタンクが届けるオランダの建築雑誌『Volume』。2016年で10周年を迎え、現在的な社会/政治/経済/文化的状況における建築を問い続けています。「ブロードキャスティング・アーキテクチャー(3号)」「権力の建築(5から7号)」、「遍在する中国(8号)」、「アジテーション(10号)」などなど、各号テーマの問題意識を謳う各号序文の翻訳と、翻訳者による各号の解説・批評をまとめた一冊です。

※以下の写真はクリックで拡大します

rogout001
参考:『Volume』2号「Doing (almost ) nothing」特集

<「はじめに」より>

LOGOUT FOR ACTIONS
榊原充大

「書を捨てよ街へ出よう」からおよそ半世紀。本を読む時間をオンラインで過ごす人が多くなった現在、改めてこの一節をパラフレーズしてこう言いたい。「ログアウトして街へ出よう」と。

次なる行動を起こすことを目指す「LOGOUT」は、今回私たちが刊行する出版物の名前(LOGOUT magazine)であり、また私たちがおこなうプロジェクトの名前(LOGOUT project)でもある。生活のあらゆる細部にまでシステムの網の目が覆っている中、そこからの切断など果たして可能なのか。「ログアウト」はひとつの比喩であるが、それ自体に現在的なユートピアを見るようでもある。決して到達し得ない場所を。

『LOGOUT magazine』の第1弾として今回取り扱うのはオランダの建築雑誌『ヴォリューム』だ。現時点で45号まで刊行され、建築と社会との関係性を多様に問うている。今回は1号から10号まで取り上げ、各号のテーマを解説する序文を紐解き、次なる行動のヒントになるコメンタリーをつけた。『LOGOUT magazine』の第1号「VOLUME STUDIES 01-10」だ。(つづく)

rogout002

rogout003

rogout004

rogout005

rogout006

rogout007

rogout008

『LOGOUT magazine ver.1.0 - VOLUME STUDIES1-10』
http://logoutproject.tumblr.com/
著・訳:榊原充大(RAD)
編集:和田隆介
デザイン:西村祐一(rimishuna)
発行:RAD
定価:2000円(税別)

<”LOG/OUT”取り扱い書店>
北海道、宮城、東京、長野、愛知、京都、大阪、兵庫、広島
ジュンク堂、丸善、その他書店にて販売


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact