書籍『特集:続・柱と建築 虚実皮膜の向こうへ 住宅建築2016年4月号』のプレビュー

( )

Photo at random

書籍『特集:続・柱と建築 虚実皮膜の向こうへ 住宅建築2016年4月号』のプレビュー

architecture, book, feature

jyuuken1604_0cover

 
書籍『特集:続・柱と建築 虚実皮膜の向こうへ 住宅建築2016年4月号』をプレビューします。
アーキテクチャーフォトでは、2014年10月号の特集「柱と建築」もプレビューしています

続・柱と建築 虚実皮膜の向こうへ

本特集は、本誌2014年10月号の特集「柱と建築」の続編にあたる。前回は古代~前近代までを対象に、社寺/象徴、民家/技術という2つの出発点から柱の本質を捉えることを試みた。今回は、象徴を精神性、技術を仮設性・永遠性というキーワードに発展させ、近代~現代、そして未来へ向けた柱と建築の意味と存在、可能性を考える。

※以下の画像はクリックで拡大します

jyuuken1604_1

jyuuken1604_2

jyuuken1604_3

jyuuken1604_4

jyuuken1604_5

jyuuken1604_6

jyuuken1604_7

jyuuken1604_8

■特集目次

続・柱と建築 虚実皮膜の向こうへ

現代における柱型住空間への提言
柱の「開かれ」を求めて 文=福島加津也

「SH-30」  設計=広瀬鎌二

柱の意味を解体する① 仮設性│永遠性
柱の技術から、壁の消去と空間の透明性を見る 文=福島加津也

柱の意味を解体する② 象徴性│精神性
柱の形式性がわれわれの“現代病”を克服する 文=大松俊紀

「呉羽の舎」  設計=白井晟一研究所

柱・その単独性と共同性 文=中谷礼仁

起点としての柱 文=六車誠二

木造軸組構法のプレファブリケーション
「PA-1」  設計=六車誠二建築設計事務所

四本の天竜杉が棟を支える
「四本柱建物」  設計=大松俊紀アトリエ

建築の原型を日常に組み込む
「柱と床」  設計=福島加津也+冨永祥子建築設計事務所

※その他の記事については、WEB住宅建築に掲載されています。
http://www2.ksknet.co.jp/book/jk/

■amazonでの購入はこちら
住宅建築 2016年 04 月号 [雑誌]
B019NDFUPY


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact