大堀伸 / ジェネラルデザインによる、東京のログロード代官山内の、ビール製造工場兼ビアレストラン「スプリングバレーブルワリートーキョー」

( )

Photo at random

大堀伸 / ジェネラルデザインによる、東京のログロード代官山内の、ビール製造工場兼ビアレストラン「スプリングバレーブルワリートーキョー」

architecture, feature

svbd_002

svbd_003
all photos(C)阿野太一

大堀伸 / ジェネラルデザインが設計した、東京のログロード代官山内の、ビール製造工場兼ビアレストラン「スプリングバレーブルワリートーキョー」です。
また、ログロード代官山についても設計は大堀が手掛けています。アーキテクチャーフォトでの特集ページはこちら

スプリングバレーブルワリートーキョーは、発酵タンクと仕込釜が並んだビールの製造工場であり、その場で作られたクラフトビールを楽しめるビアレストランである。
客席と製造設備を分離させず、ビールの製造過程を見せることによって、この施設がものづくりの現場であることをゲストに伝えることを意図している。生産設備の隣にある、大きなコミューナルテーブルやカウンター、オープンエアのテラス席は、ゲストのコミュニケーションを活発にし、様々なビール体験を可能にするためのものである。
生産設備や空調のダクトが露出した天井や、コンクリート、スチール、木などのアナログな質感が、クラフトというテーマを空間に落とし込みながら、このスプリングバレーブルワリートーキョーがエントランスに位置する商業施設「ログロード代官山」全体の世界観を継承している。

※以下の写真はクリックで拡大します

svbd_004

svbd_005

svbd_006

svbd_007

svbd_008

svbd_009

svbd_010

svbd_012

svbd_020

svbd_021

svbd_040

svbd_041

svbd_042

svbd_044

svbd_045-1Fplan

svbd_046-2Fplan

svbd_047-2Fplan

■建築概要
スプリングバレーブルワリートーキョー
ロケーション:東京 ログロード代官山内
建築面積:402.76m2
延床面積:749.32m2
構造 規模:鉄骨造2階建
オープン:2015
設計:大堀伸 / ジェネラルデザイン
撮影:阿野太一


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

エラーが発生しました。ご指定のフィードは現在利用できないようです。後ほどもう一度お試しください。

>>その他の求人情報を見る

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact