二俣公一 / ケース・リアルによる、鹿児島・与論島の住宅「与論の別邸」

( )

Photo at random

二俣公一 / ケース・リアルによる、鹿児島・与論島の住宅「与論の別邸」

architecture, feature

yoron-000

yoron-00
all photos(C)水崎浩志

二俣公一 / ケース・リアルが設計した、鹿児島・与論島の住宅「与論の別邸」です。

サンゴ礁の隆起によって出来た島、与論島での別荘の計画。鹿児島県最南端に位置するこの島は、その周囲をエメラルドグリーンの美しい海に囲まれており、今回の敷地からもその絶景を眺めることが出来る。一方で、台風の暴風雨、強い日差し、塩害といった島特有の厳しい気候にさらされることもあり、室内をこういった自然環境から守りながらも、通風や採光、眺望を確保するという、一見矛盾するような条件を満たす必要があった。

※以下の写真はクリックで拡大します

yoron-01

yoron-02

yoron-03

yoron-04

yoron-06

yoron-07

yoron-08

yoron-09

yoron-10

yoron-11

yoron-12

yoron-13

yoron-14

yoron-15

yoron-16

yoron-17

yoron-18

yoron-19

yoron-20

yoron-21

yoron-22

yoron-23

yoron-25

yoron-26

プリント

プリント

プリント

以下、建築家によるテキストです。

**********

サンゴ礁の隆起によって出来た島、与論島での別荘の計画。鹿児島県最南端に位置するこの島は、その周囲をエメラルドグリーンの美しい海に囲まれており、今回の敷地からもその絶景を眺めることが出来る。一方で、台風の暴風雨、強い日差し、塩害といった島特有の厳しい気候にさらされることもあり、室内をこういった自然環境から守りながらも、通風や採光、眺望を確保するという、一見矛盾するような条件を満たす必要があった。

景観を考慮し、地に這うように低く抑えられた建物のボリュームは、景色を十分に楽しむことが出来るよう主室を海側に、その他の機能を陸側に配置している。そして2つのボリュームの間に出来た不定形な広い空間をメインスペースとして、ここをこの土地の季節風が抜けてゆく。主要な居室には気軽に外に出られるよう庇を伸ばし、その先端にメッシュ状の建具を設けている。これにより居室の周りには小さないくつかのバッファゾーンができ、飛来物から室内を守りつつも風や視線を遮ることのない、適度な室内環境を確保している。このメッシュ形状の建具は「花ブロック」と呼ばれる沖縄発祥の建材から着想を得たもので、その基本モジュールにならって決められた建具のグリッドパターンによって、より強固な外観イメージをつくることが可能になった。RCの躯体は表面を敢えてハンマートン加工で荒らし、また内部にも表情ある自然材料を用いることで、現地の風土へ馴染んでいくことを目指した。

■建築概要
与論の別邸(2016年/鹿児島(与論島))
計画種別:新築
用途:住宅
計画期間:2014年3月~2016年2月
構造:RC造
規模:地上1階
建築面積:187.2平米
延床面積:138.5平米
計画地:鹿児島県大島郡与論町
設計:ケース・リアル 二俣公一 片田友樹(ambient place/パートナー)
設計協力・施工:政建設
構造設計:オーノJAPAN 大野博史
照明計画:モデュレックス福岡 佐藤政章
家具製作:E&Y
撮影:水崎浩志


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact