tent architects studio+ジェネラルクリエーションによる、神奈川の「横浜の住宅」

( )

Photo at random

tent architects studio+ジェネラルクリエーションによる、神奈川の「横浜の住宅」

architecture, feature

tentsama-yokohama-001
all photo(C)太田拓実

高橋将章+田岡博之 / tent architects studioが建築設計監理を、中野靖彦 / ジェネラルクリエーションがインテリア設計監理を手掛けた、神奈川の「横浜の住宅」です。

雛壇上の造成地に建つ専用住宅の建て替え計画。基壇となる地盤面の下部には既存の車庫があり、その上部には建替え前から大切に手入れされた庭がL型に残っている。配置計画は既存の建物をトレースするように、つまり既存の庭を残す北側に寄せる配置で決定した。

本計画は、インテリアデザイナーとの恊働作品である。クライアントが所有している家具やオブジェのコレクションも多彩で、家具のデザインもその延長にあるかのようにひとつひとつがオリジナルにデザインされている。インテリアの構成としては、ひとつひとつの空間をギャラリー空間のように見立ててテーマを持った設えとしながら、建築ボリュームとしては、それらを連続的に繋げていくような空間構成となっている。1階は緩やかに仕切られたワンルームのLDK。一部が2階となるボリュームはスキップフロアの断面となっていて、踊り場レベルに位置する主寝室の下部には潜り込んだような小さな書斎を設えており、半階上がった2階レベルには眺望の開けた仕事部屋を配置している。

様々な設えとスケールを持った趣味性の高い空間を、階段を中心にして、断面的に織り込んでいくことで、雛壇上の敷地に抜けていく光や風を感じるとともに視線も抜け、豊かなインテリアが生活に溶け込むような住宅になるのではないかと考えている。

※以下の写真はクリックで拡大します

tentsama-yokohama-002

tentsama-yokohama-003

tentsama-yokohama-004

tentsama-yokohama-005

tentsama-yokohama-006

tentsama-yokohama-007

tentsama-yokohama-008

tentsama-yokohama-009

tentsama-yokohama-010

tentsama-yokohama-011

tentsama-yokohama-012

tentsama-yokohama-013-site

tentsama-yokohama-014-plan

tentsama-yokohama-015-sec

■建築概要
敷地面積:197.76m2
建築面積:78.62m2
延床面積:112.15m2
竣工:2015年6月
構造規模:木造2階建て
構造設計:金子武史構造設計事務所
施工:下川工務店
撮影:太田拓実


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact