TKY JAPANによる「扇町グローバル薬局」

( )

Photo at random

TKY JAPANによる「扇町グローバル薬局」

architecture, feature

yakkyoku-17.jpg
photo(C)Hiroki Kawata

TKY JAPAN(家成俊勝、福西健太、今津康夫/ninkipen!)が設計した大阪市北区の「扇町グローバル薬局」です。


yakkyoku-01.jpg
yakkyoku-02.jpg
yakkyoku-03.jpg
yakkyoku-04.jpg
yakkyoku-05.jpg
yakkyoku-06.jpg
yakkyoku-07.jpg
yakkyoku-08.jpg
yakkyoku-09.jpg
yakkyoku-10.jpg
yakkyoku-11.jpg
yakkyoku-12.jpg
yakkyoku-13.jpg
yakkyoku-14.jpg
yakkyoku-15.jpg
yakkyoku-16.jpg
yakkyoku-18.jpg
yakkyoku-19.jpg
yakkyoku-20.jpg
以下、建築家によるテキストです。
**********
調剤薬局の新築である。
敷地はかつて幅員4mの道だった。戦後数十年に渡って不法占拠の小さな家が建ち続けた後、宅地となった。敷地には本来道にしかあるはずの無い、歩道の切り下げが残ったままとなっている。
かつて道であったこと、かつて都心部に建つ不法占拠の小さな家があったこと、この2つの史実を無視しないことが、現在の都心部に建築を設計することにおいて有効ではないかと考えた。
建物は敷地なりに切妻屋根をかけただけの構成とし、天井を道の転写として連続させ、建蔽率•容積率を多く使う建物に囲まれながらも最小限に抑えた平屋のボリュームとした。
これらは元々そこにあった敷地にまつわる歴史を踏襲している。
また、準防火地域でありながら主構造を鉄骨造とし壁の防火規定を無くすことで、間柱と垂木を現しのままとすることを実現し、薬を求めて訪れる人々に柔らかな空間を提供する。
都心にありながら、場の特性を注意深く読み取ることで、ここにしかない薬局を目指した。
■建築概要
・扇町グローバル薬局 Ogimachi Global Dispensing Pharmacy
□Architect
・ TKY JAPAN(家成俊勝、福西健太、今津康夫/ninkipen!)
TKY JAPAN(Toshikatsu Ienari, Kenta Fukunishi, Yasuo Imazu/ninkipen!)
□ Structural engineer
・TAPS建築構造計画事務所
□ Lighting designer
・永富裕幸 Hiroyuki Nagatomi
□Use
・調剤薬局 dispensing pharmacy
□Location
・大阪市北区 Osaka, Japan
□Process
・Design 2010.12〜2011.7
・Construction 2011.8〜2011.11
□Scale
・Site area 96.22m2
・Building area 61.94m2
・Total floor area 61.94m2
□Photographer
・河田弘樹 Hiroki Kawata


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact