濱田猛による大阪の住宅「House K」

( )

Photo at random

濱田猛による大阪の住宅「House K」

architecture, feature

hamada-sama-k-01.jpg
photo©笹倉洋平

濱田猛が設計した大阪の住宅「House K」です。


hamada-sama-k-02.jpg
hamada-sama-k-03.jpg
hamada-sama-k-04.jpg
hamada-sama-k-05.jpg
hamada-sama-k-06.jpg
hamada-sama-k-07.jpg
hamada-sama-k-08.jpg
hamada-sama-k-09.jpg
hamada-sama-k-10.jpg
hamada-sama-k-11.jpg
hamada-sama-k-12.jpg
hamada-sama-k-13.jpg
hamada-sama-k-14.jpg
hamada-sama-k-15.jpg
hamada-sama-k-16.jpg
hamada-sama-k-Drawing.jpg
以下、建築家によるテキストです。
**********
「House K」
■キーワード
密集住宅地の狭小住宅、ローコスト、まっしろなハコ
■背景・敷地環境
敷地は大阪府門真市、駅から少し離れた20坪の狭小地です。数年前に宅地分譲を目的としたミニ開発が行われたが、数件が更地のまま残っていました。周囲は典型的な密集住宅地で、3階建て住宅が建ち並ぶ。昼間、袋地状の敷地に訪れると主婦の井戸端会議や子供達のはしゃぐ声が聞こえてきました。
■建築プラン
3階建てのシンプルな白いハコを計画しました。その中に3階まで吹き抜けている外部空間(ライトウェル)を設け、それを取り囲むように内部空間を配置しています。各部屋は全てこの外部空間に面することでプライバシーを保ちながら隅々まで光が行き交う明るく風通しのよい空間構成となっています。
1階には大きな玄関と水周り、そして用途を限定しない多目的ルームを設けました。天井が低くなる階段下の空間をアーチトンネルとすることで、狭さを遊びに変換しています。
2階は全てをLDKとしました。あえて階段をセンターに配置しその両側をガラス戸で仕切ることで用途に応じて空間のヴォリュームを自由に変更できるフレキシブルな空間になっています。狭小地において、ワンフロアーを間仕切りのないワンルーム空間とし、さらにインナーバルコニー、ライトウェルも取り込んで最大限の広がりを持たせています。
3階にはベッドルーム2室と大きなバルコニーを設けました。それぞれ、ライトウェルの外側にある壁(ハコを形成する壁)が安心感を与える落ち着いた空間です。
■計画概要
場  所:大阪府門真市上野口町
工  期:2011年10月~2012年1月
構造規模:木造3階建
敷地面積:65.27㎡
建築面積:38.68㎡
延床面積:103.93㎡
設計者/濱田猛
Takeshi Hamada
Web:http://www.hamada-design.com
Mail:info@hamada-design.com
撮影/笹倉洋平
Photo/Yohei Sasakura
http://sassan2000.exblog.jp/


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact