多田正治アトリエによる「九重の竹テント」

( )

Photo at random

多田正治アトリエによる「九重の竹テント」

architecture, design, feature

all photos©多田正治アトリエ

多田正治アトリエが設計した「九重の竹テント」です。

和歌山県の山中の20人ほどの集落「九重(くじゅう)」。
6年前に東京より移住してきた若者たちが、旧九重小学校で「bookcafe kuju」と「パンむぎとし」を営んでいる。
彼らが中心となり主催するイベント「KUJU MARKET」は5年目を迎え「雨でも楽しい」をコンセプトに梅雨時2daysの開催を試みた。
紀伊半島大水害(2011)など水害の多い地域でもあり、
そのコンセプトを実現するために「九重の竹テント」を、設計・施工した。

テントの主構造には竹を用いている。
熊野の主幹産業のひとつに林業があるが、ヒノキ・スギ林にとって竹害は大きな問題である。
竹の利用方法の可能性のひとつとして、
竹の伐採から、試作を重ねた検討を経て、9つのテントが連なるイベント会場をつくりあげることとした。

※以下の写真はクリックで拡大します

以下、建築家によるテキストです。

**********

和歌山県の山中の20人ほどの集落「九重(くじゅう)」。
6年前に東京より移住してきた若者たちが、旧九重小学校で「bookcafe kuju」と「パンむぎとし」を営んでいる。
彼らが中心となり主催するイベント「KUJU MARKET」は5年目を迎え「雨でも楽しい」をコンセプトに梅雨時2daysの開催を試みた。
紀伊半島大水害(2011)など水害の多い地域でもあり、
そのコンセプトを実現するために「九重の竹テント」を、設計・施工した。

テントの主構造には竹を用いている。
熊野の主幹産業のひとつに林業があるが、ヒノキ・スギ林にとって竹害は大きな問題である。
竹の利用方法の可能性のひとつとして、
竹の伐採から、試作を重ねた検討を経て、9つのテントが連なるイベント会場をつくりあげることとした。

テントは、不定形な四角形平面と片流れ屋根で構成される。
平面の裏表、屋根の勾配の向きをそれぞれ設定することで4つのバリエーションがつくれ、
これら4バリエーションを組み合わせることで、多様な平面をつくることが可能である。
今回は一列に並べ、ゆらゆらと蛇行する平面、屋根勾配が交互になったテント群とした。

テントの勾配屋根は高い方を2750mm、低い方を1430mmとすることで
斜めのラインが強調された、高い方の面に開放された空間となっている。
テント群の中を歩くことで、屋根越しに切り取られた九重小学校や北山川の巨大な絶壁を、交互に味わうことができる。

テントの屋根には雨粒を模した装飾をほどこし、竹に「貸しレインコート」を吊るし、オリジナルタオルをデザイン・販売することなど、積極的に雨を楽しんでもらえるよう企画している。
2日間のイベント期間。風が強く、好天で暑い1日目。曇天から小雨、そして土砂降りの2日目という、幅広いシチュエーションをテントは経験することができた。

雄大で懐の深い熊野の自然からつくりだした、ささやかな建築である。

■建築概要
企画:KUJU MARKET実行委員会
設計:多田正治アトリエ
施工:多田正治アトリエ+学生有志
施工協力:ふじさき組、野地木材工業

設計期間:2019.03-2019.06
竣工年:2019.06

学生有志
大阪大学大学院
松本 健一郎 末金優士

近畿大学
小田 陽基 佐々木 康太 桟敷 航平 萩原 柚香 橋本 剛明 廣尾 佳奈子 前田 樹 増冨 由梨 松浦 美月 八面 美晴


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact