ART IT、シャネル”モバイル・アート”展のレポート

0.44 ART IT、シャネル”モバイル・アート”展のレポート

ART ITがシャネル”モバイル・アート”展をレポートしています

ART ITが香港で行われているシャネル”モバイル・アート”展をレポートしています。
展示されているアート作品を中心にレポートしています。写真が22枚と動画が4つ掲載されています。パビリオンのデザインは、ザハ・ハディド
日本への巡回は、2008年5月31日から7月4日まで。場所は”国立代々木競技場 オリンピックプラザ”です。(要予約)

インタビュー”Connect.auction代表、成田博昭” セントラル硝子国際建築設計競技”世界遺産と共生する建築”

1.47 セントラル硝子国際建築設計競技”世界遺産と共生する建築”

第43回セントラル硝子国際建築設計競技が行われます

テーマは”世界遺産と共生する建築”です。審査委員長は伊東豊雄。

応募者は各自が自由に世界遺産を特定してよいが、なぜその世界遺産を選んだかを明らかにする必要がある。そして共生する建築の種類も、各自が設定してよい。案内所、展示場、ホテル、レストラン、展望台などさまざまな施設が考えられるであろう。そしてその選んだ施設が、世界遺産のコンテクストにどう対応し、共生するかを示してもらいたい。

という事です。

Googleのロゴはどのようにデザインされたのか? 伊東豊雄による”グランヴィア トレスフィラ(FIRAタワー)”の建設現場写真

0.35 伊東豊雄による”グランヴィア トレスフィラ(FIRAタワー)”の建設現場写真

伊東豊雄による”グランヴィア トレスフィラ(FIRAタワー)”の建設現場写真がflickrにあります

伊東豊雄が設計して建設が進められているバルセロナの”グランヴィア トレスフィラ(FIRAタワー)”の建設現場写真がflickrのFOlmedaのページに3枚掲載されています。赤い外壁部分を施工している様子がわかります。模型写真などはこちら

フィリップ・スタルクが2年以内に引退

0.18 フィリップ・スタルクが2年以内に引退

フィリップ・スタルクが2年以内に引退することを表明したようです

APFBB Newsより。
記事によるとスタルクは以下のようにコメントしているようです。

私がデザインしたもの全ては不必要だった。2年以内には確実にリタイアし、何か他のことをやりたい。まだそれが何かはわからないけど。自分を表現する別の手段を見つけたい。デザインとは、忌むべき表現形式だ

(via 女子部手帖

アーキテクチュアル・レコード、Record Houses 2008 エキサイトイズムが”三宅一生ディレクション「XXIc.- 21世紀人」”を特集

0.15 エキサイトイズムが”三宅一生ディレクション「XXIc.- 21世紀人」”を特集

エキサイトイズムが”三宅一生ディレクション「XXIc.- 21世紀人」”を特集しています

エキサイトイズムが三宅一生がディレクションした展覧会”XXIc.- 21世紀人“を特集しています。
展覧会場の写真や動画、三宅一生などのコメントを紹介しています。

展覧会期等は以下の通り。

動画”グッゲンハイム美術館、蔡国強 展” ヨーン・ウツソンによるシドニー・オペラハウスのインテリア改修計画

3.18 ヨーン・ウツソンによるシドニー・オペラハウスのインテリア改修計画

ヨーン・ウツソンとリチャード・ジョンソンによるシドニー・オペラハウスのインテリア改修計画の画像がBD onlineにあります

ヨーン・ウツソンとリチャード・ジョンソンが計画しているシドニー・オペラハウスのインテリア改修計画の画像が2枚BD onlineに掲載されています。(リチャード・ジョンソンは地元の建築家だそう)
シドニー・オペラハウスは、ヨーン・ウツソンがコンペで勝ち取り設計した建物ですが、政治的理由などにより、内装はオールトラリアの建築家ピーター・ホールが手がけていました。(詳しくはwikiediaに)今回の計画では、ヨーン・ウツソンの手で音響効果などを高めるために内部を改装する事になったようです。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。