フォトレポート”京都工芸繊維大学大学院 建築設計学専攻 第4回修了制作展”
サムネイル:フォトレポート

71.62 フォトレポート”京都工芸繊維大学大学院 建築設計学専攻 第4回修了制作展”

京都府京都文化博物館で行われた、”京都工芸繊維大学大学院 建築設計学専攻 第4回修了制作展”のフォトレポートです。
修了生は35名で、その中から学内の教授陣と外部からのゲストにより、”最優秀賞”、”中村拓志賞”、”ドミニク・ペロー賞”、”遠藤秀平賞”が選ばれています。
ここでは、修了生が制作した模型写真を中心にレポートします。

15-1.jpg

15-3.jpg
all photos©Shuhei Goto

上に掲載したのは、最優秀賞を受賞した、兼瀬勝也による模型。

その他の修了生の作品は以下に掲載。

de Architekten Cieが天津都市計画博物館のコンペに勝利 妹島和世が犬島アートプロジェクト2期工事の設計者に

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。