old book『ヨーロッパの町と村』

0.06 old book『ヨーロッパの町と村』

古書『ヨーロッパの町と村』がアーキテクチャーフォトブックスで販売されています

古書『ヨーロッパの町と村』がアーキテクチャーフォトブックスで販売されています。詳しい状態や概要はリンク先でご確認ください。
その他の新しい書籍はこちらで見ることができます。

一部、イタリア・スペイン、ポルトガル。ニ部、フランス、イギリス、アイルランド。三部、ドイツ、スイス、ベネルクス。四部、北欧、東欧1、五部、東欧2、ギリシャ。という構成でヨーロッパの伝統的な街や村をカラー写真とテキストによって紹介しています。
合計約130個の美しい町や村が紹介されています。

岸和郎による「生方記念文庫建設基本設計業務委託プロポーザル」の最優秀賞案

10.53 岸和郎による「生方記念文庫建設基本設計業務委託プロポーザル」の最優秀賞案

岸和郎による「生方記念文庫建設基本設計業務委託プロポーザル」の最優秀賞案が公開されています(PDF)

岸和郎が「生方記念文庫建設基本設計業務委託プロポーザル」の最優秀者に選ばれていて、その提案が公開されています。

吉岡徳仁のアートディレクションによるチューリッヒでの展覧会「Cartier Time Art」 book『名作椅子の由来図典: 歴史の流れがひと目でわかる』
サムネイル:book『名作椅子の由来図典: 歴史の流れがひと目でわかる』

0.38 book『名作椅子の由来図典: 歴史の流れがひと目でわかる』

書籍『名作椅子の由来図典: 歴史の流れがひと目でわかる』がamazonで発売されています

書籍『名作椅子の由来図典: 歴史の流れがひと目でわかる』がamazonで発売されています。

椅子の書籍は多数あるが、多くはカタログ的なものが多く、なぜその椅子が名作なのか、どんな時代背景があって生まれたものなのかなどをしっかりと解説している書籍は多くはありません。そこで本書は、世界の椅子の歴史を辿りながら、各地で残された、または現在も不朽の名作椅子といわれる椅子の名作たる理由を、さまざまな視点からイラストとともに解説した書籍です。椅子の歴史や名作椅子の見どころ、見方がイラストで紹介され、難しそうな椅子の歴史が楽しく学べる本といえます。

名作椅子の由来図典: 歴史の流れがひと目でわかる
西川栄明
441681156X

シュミット・ハマー・ラッセンによるコペンハーゲンのオフィスビル「The Crystal」

16.00 シュミット・ハマー・ラッセンによるコペンハーゲンのオフィスビル「The Crystal」

シュミット・ハマー・ラッセンによるコペンハーゲンのオフィスビル「The Crystal」の写真などがarchdailyに掲載されています

シュミット・ハマー・ラッセンが設計したデンマーク・コペンハーゲンのオフィスビル「The Crystal」の写真などが16枚、archdailyに掲載されています。

UNDER35ギャラリーで行われている「成瀬友梨+猪熊純 展」の会場写真 ジャン・ヌーベルによる、回転木馬「Jane’s Carousel」のためのガラスパヴィリオンの動画 大阪で行われている建築展「U-30 Under 30 Architects Exhibition 2011」のレポート

0.44 大阪で行われている建築展「U-30 Under 30 Architects Exhibition 2011」のレポート

大阪で行われている建築展「U-30 Under 30 Architects Exhibition 2011」のレポートがjapan-architects.comに掲載されています

大阪で行われている建築展「U-30 Under 30 Architects Exhibition 2011」のレポートがjapan-architects.comに掲載されています。会場写真なども掲載されています。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。