塚本由晴と藤村龍至の対談「建築は人を解放させる力強い相棒」
「あいちトリエンナーレ2013」の建築的な見どころを解説したケンプラッツのレポート記事

2.18 「あいちトリエンナーレ2013」の建築的な見どころを解説したケンプラッツのレポート記事

「あいちトリエンナーレ2013」の建築的な見どころを解説したケンプラッツのレポート記事が公開されています

開幕した「あいちトリエンナーレ2013」の建築的な見どころを解説したケンプラッツのレポート記事が公開されています。

ハンス・ウルリッヒ・オブリストの書籍『キュレーション「現代アート」をつくったキュレーターたち』
サムネイル:ハンス・ウルリッヒ・オブリストの書籍『キュレーション「現代アート」をつくったキュレーターたち』

4.06 ハンス・ウルリッヒ・オブリストの書籍『キュレーション「現代アート」をつくったキュレーターたち』

ハンス・ウルリッヒ・オブリストの書籍『キュレーション「現代アート」をつくったキュレーターたち』がamazonで予約受付中です

ハンス・ウルリッヒ・オブリストの書籍『キュレーション「現代アート」をつくったキュレーターたち』がamazonで予約受付中です。リンク先に中身のプレビュー画像が5枚と概要が掲載されています。

世界的なキュレーター、H. U. オブリストが迫る、
現代アートのシステムがつくられるまでの歴史。

キュレーションという概念の黎明期に活躍したキュレーター11名に、ハンス・ウルリッヒ・オブリストが行なったインタビューを収録。1960年代から1970年代の初期インディペンデント・キュレーティングから、実験的なアートプログラムの台頭、ドクメンタや国際展の発展を通じてヨーロッパからアメリカにキュレーションが広がっていった様を、オブリストによる鋭く深いインタビューは鮮やかに描き出しています。
キュレーターは職業としてどのように成立してきたか、展示の方法や展覧会の作り方はどのように進化してきたか、今後キュレーションはどのような方向へ向かうのか。アートとキュレーションの関係を考える上で決定的な1冊です。

キュレーション 「現代アート」をつくったキュレーターたち
ハンス・ウルリッヒ・オブリスト 村上 華子
4845913127

藤村龍至がdot architectsの家成俊勝に「Umaki Camp」について聞いているインタビュー

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。