アルヴァロ・シザ、ソウト・デ・モウラ、隈研吾らが建築展「Sensing Spaces」での作品などについて語っているインタビュー動画

203.95 アルヴァロ・シザ、ソウト・デ・モウラ、隈研吾らが建築展「Sensing Spaces」での作品などについて語っているインタビュー動画

アルヴァロ・シザ、ソウト・デ・モウラ、隈研吾らが建築展「Sensing Spaces」での作品などについて語っているインタビュー動画が公式ウェブサイトに掲載されています

アルヴァロ・シザ、ソウト・デ・モウラ、隈研吾、ペゾ・フォン・エルリッヒスハウゼンらがロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツで行われている建築展「Sensing Spaces」に出展した作品などについて語っているインタビュー動画が公式ウェブサイトに掲載されています。それぞれが制作した作品の写真はこちらで見ることができます

藤森照信が会長を務める土浦亀城の自邸を保存し続けていくための会「土浦邸フレンズ」が設立

2,601.34 藤森照信が会長を務める土浦亀城の自邸を保存し続けていくための会「土浦邸フレンズ」が設立

藤森照信が会長を務める土浦亀城の自邸を保存し続けていくための会「土浦邸フレンズ」が設立されています

藤森照信が会長を務める土浦亀城の自邸を保存し続けていくための会「土浦邸フレンズ」が設立されています。

谷尻誠による「等々力の集合住宅」の写真 SANAAがフランスの優れた建築に与えられる2013年の「銀の定規賞」を受賞 アルヴァロ・シザ、ソウト・デ・モウラ、隈研吾らがインスタレーションを制作している建築展「Sensing Spaces」の会場写真

614.62 アルヴァロ・シザ、ソウト・デ・モウラ、隈研吾らがインスタレーションを制作している建築展「Sensing Spaces」の会場写真

アルヴァロ・シザ、ソウト・デ・モウラ、隈研吾らがインスタレーションを制作している建築展「Sensing Spaces」の会場写真がdezeenに掲載されています

アルヴァロ・シザ、ソウト・デ・モウラ、隈研吾、ペゾ・フォン・エルリッヒスハウゼンらがインスタレーションを制作しているロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツでの建築展「Sensing Spaces」の会場写真が8枚、dezeenに掲載されています。

藤本壮介による「taiwan cafe」の模型写真と図面 南カリフォルニア大学が研究している住宅用3Dプリンターについてのレポート記事

148.91 南カリフォルニア大学が研究している住宅用3Dプリンターについてのレポート記事

南カリフォルニア大学が研究している住宅用3Dプリンターについてのレポート記事がケンプラッツに掲載されています

南カリフォルニア大学が研究している住宅用3Dプリンターについてのレポート記事がケンプラッツに掲載されています。

内藤廣の作品集『内藤廣の建築 2005–2013  素形から素景へ2』
サムネイル:内藤廣の作品集『内藤廣の建築 2005–2013  素形から素景へ2』

205.68 内藤廣の作品集『内藤廣の建築 2005–2013  素形から素景へ2』

内藤廣の作品集『内藤廣の建築 2005–2013  素形から素景へ2』がamazonで発売されています

内藤廣の作品集『内藤廣の建築 2005–2013  素形から素景へ2』がamazonで発売されています。

本書は、日本を代表する建築家・内藤廣氏の2005年以降の活動をまとめた作品集です。2013年3月刊行の『内藤 廣の建築 1992-2004――素形から素景へ1』に続く、第2巻目となります。こちらのページに中身のプレビュー画像と目次も掲載されています。

1巻目が建築への姿勢が確立された経緯と2004年までの建築作品の記録であったのに続き、2巻目では、さらに土木、街づくり、復興計画など、建築の枠組みを超えた氏の幅広い活動を紹介しています。それぞれの作品は、豊富な写真、迫力あるスケッチ、そして「つぶやき」と題した独自のフレーズによって構成され、作品の変遷を総覧することができます。まるで、氏の頭の中を覗き込むような内容となっています。

あとがきとして書き下ろされた文章では、ここ10年間の活動の記録と、3.11を経験したことによって見出された、今後の建築への想いが語られています。常に時代の変化に歩み寄り、進化を続け、これからの建築界を牽引する氏の生き様が垣間見えます。

建築を学ぶ学生や建築実務者だけでなく、街づくりや行政関係者にもぜひご一読いただきたい一冊です。

内藤 廣の建築 2005-2013 素形から素景へ2 (素形から素景へ 2)
内藤廣
4887063385

篠原一男の展覧会がアメリカ・セントルイスのケンパー美術館で開催

421.27 篠原一男の展覧会がアメリカ・セントルイスのケンパー美術館で開催

篠原一男の展覧会がアメリカ・セントルイスのケンパー美術館で開催されるそうです

篠原一男の展覧会がアメリカ・セントルイスのケンパー美術館で開催されるそうです。タイトルは、「On the Thresholds of Space-Making: Shinohara Kazuo and His Legacy」です。
ケンパー美術館は、2006年に槇文彦の設計によって新築されています。

内藤廣が山口の「(仮称)新徳山駅ビル設計プロポーザル」に勝利

1,985.17 内藤廣が山口の「(仮称)新徳山駅ビル設計プロポーザル」に勝利

内藤廣が山口の「(仮称)新徳山駅ビル設計プロポーザル」に勝利しています。

(仮称)新徳山駅ビル基本・実施設計業務委託に係るプロポーザルの手続きが完了しましたので、その結果を公表します。
選定委員会における審査及び評価の結果、最も優れた技術提案書として、株式会社内藤廣建築設計事務所の技術提案が選定されました。市は、この結果を受けて、業務委託契約を締結しました。
(via city.shunan.lg.jp)

内藤廣による提案は下記のPDFで見ることができます。
その1
その2
その3

ぽむ企画と岡田栄造のトークイベントが京都の元・立誠小学校 特設シアターで開催

2,381.17 ぽむ企画と岡田栄造のトークイベントが京都の元・立誠小学校 特設シアターで開催

ぽむ企画と岡田栄造のトークイベントが京都の元・立誠小学校 特設シアターで開催されます

平塚桂・たかぎみ江(ぽむ企画)と岡田栄造(S&O DESIGNディレクター/京都工芸繊維大学准教授)のトークイベントが京都の元・立誠小学校 特設シアターで開催されます。開催日は、2014年1月25日(土)18:00『フォスター卿の建築術』上映後。映画『フォスター卿の建築術』のアフターイベントとして行われるようです。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。