大堀伸 / ジェネラルデザインによる、岡山・倉敷の「上富井の住宅」

2,444.01 大堀伸 / ジェネラルデザインによる、岡山・倉敷の「上富井の住宅」

大堀伸 / ジェネラルデザインによる、岡山・倉敷の「上富井の住宅」 photo©阿野太一
大堀伸 / ジェネラルデザインによる、岡山・倉敷の「上富井の住宅」 photo©阿野太一

大堀伸 / ジェネラルデザインによる、岡山・倉敷の「上富井の住宅」です。

これまでに何度も増改築が繰り返されてきた、おおよそ築150年の日本家屋の改築である。私の家族が所有するこの建物は、長い間住み手も無く放置されて老朽化が激しく進行していた。比較的残っていた近隣の古い日本家屋も次第にその姿を消し、どこにでもあるような地方都市の風景に変わってゆくなかで、その流れに抗いながら古い建物を頑なに昔の姿に再生するということではなく、時間の経過を意識しながらも、新しく柔軟な使い方ができる住宅を生み出せないだろうかと考えた。

トラフによる、東京・千代田区のフィットネスジム「BODY DIRECTOR 平河町店」の写真

372.85 トラフによる、東京・千代田区のフィットネスジム「BODY DIRECTOR 平河町店」の写真

トラフのウェブサイトに、東京・千代田区のフィットネスジム「BODY DIRECTOR 平河町店」の写真が12枚掲載されています。

15年以上に渡り、独自のメソッドで取り組んできたプライベートジムBODY DIRECTORの内装計画。 千代田区平河町に新築された THE KITANO HOTEL TOKYO の地下1階に位置する60m2に満たない場所を、効率的に使いながらも、ゆったりと落ち着いて利用できる空間が求められた。

間口6m、奥行9.8mの空間を2つに割り、半分をフィットネススタジオ、もう半分に諸機能の個室を集め、内装の雰囲気も対照的なゾーニングとした。
縦長のフィットネススタジオの壁2面には、体育館でも使われる吸音性を持つ木毛セメント板を配し、カラーのパターンを描きながら、スタジオ内に躍動感を生み出す。
対角の2面は、高さ2.5mの鏡で覆い、トレーニング中の姿を映しながら、空間に広がりを加えている。トレーニング備品は、ベンチなどの家具と共に壁面の開口に埋め込み、スペースを確保した。
スタジオにはリノリウム、受付や個室には、温かみあるナラ材のヘリンボーンや、サイザル麻を敷き、自然素材の床が、空間に異なる趣を与えている。

フィットネスジムという躍動的なイメージと高級ホテルに相応しいホスピタリティを融合させる、両義的な空間を目指した。

ジャン・ヌーベルの設計で完成した「カタール国立博物館」の内外の様子を伝える動画アーティストのクリストが、パリの凱旋門を梱包するインスタレーションの計画を公開

353.14 アーティストのクリストが、パリの凱旋門を梱包するインスタレーションの計画を公開

アーティストのクリストが、パリの凱旋門を梱包するインスタレーションの計画を公開したそうです。実施されるのは2020年4月6日~19日だそう。リンク先にドローイングの画像が7枚掲載されています。近年も意欲的に活動を続けており、2018年にはドラム缶7000個を池に浮かべるプロジェクトを、2016年にはイタリアの湖に巨大な桟橋を架けるプロジェクトを実現しています。

青木茂建築工房が改修を手掛けた、岡山の「真庭市立中央図書館」

7,921.58 青木茂建築工房が改修を手掛けた、岡山の「真庭市立中央図書館」

青木茂建築工房が改修を手掛けた、岡山の「真庭市立中央図書館」改修後。 photo©上田宏
青木茂建築工房が改修を手掛けた、岡山の「真庭市立中央図書館」改修前。 photo©秋山徹/青木茂建築工房

青木茂建築工房が改修を手掛けた、岡山の「真庭市立中央図書館」です。

地域の資産であるRC造3階建ての旧耐震建物をRC増設壁や鉄骨ブレースにより耐震補強し、堅牢で長寿命なスケルトンとし、市産材を活用したCLT(非耐力壁)や木ルーバーを使用した柔らかな木質インフィルで木材につつまれた図書空間を実現した。

既存スラブに穴を穿ち、薄暗い室内空間に光や上階との繋がりを持たせた。穿たれた穴によって、均一な既存空間に明るさや広がりのムラを持たせることによって、多様な場をつくった。書架やカウンター、テーブルなどの家具は市産材の台形集成材を使用し、木の肌触りを体感できる施設としている。

ジョン・ポーソンによる、オーストリア・キッツビュールの住宅「Kitzbühel House」の写真

571.06 ジョン・ポーソンによる、オーストリア・キッツビュールの住宅「Kitzbühel House」の写真

ジョン・ポーソンのウェブサイトに、オーストリア・キッツビュールの住宅「Kitzbühel House」の写真が10枚掲載されています。

中国のキャッシュレス化の進んだレストランでの入店から出店までの経験を解説する記事

206.73 中国のキャッシュレス化の進んだレストランでの入店から出店までの経験を解説する記事

中国のキャッシュレス化の進んだレストランでの入店から出店までの経験を解説する記事「体験の出口を争う日本のキャッシュレス、体験の入口から作る中国のキャッシュレス」がnoteに掲載されています。店舗の運営、顧客の経験をどうデザインしているのかという視点で見ると興味深いかと。

佐藤信 / 青木茂建築工房による、大分の、住宅の改修「だぶるすきんの家」

10,095.51 佐藤信 / 青木茂建築工房による、大分の、住宅の改修「だぶるすきんの家」

佐藤信 / 青木茂建築工房による、大分の、住宅の改修「だぶるすきんの家」 photo©上田宏
佐藤信 / 青木茂建築工房による、大分の、住宅の改修「だぶるすきんの家」 image courtesy of 佐藤信 / 青木茂建築工房

佐藤信 / 青木茂建築工房が設計した、大分の、住宅の改修「だぶるすきんの家」です。

駐車場を並列で2台確保したいという建物の配置に関わる課題を解決する必要があった。既存の建物配置では並列で2台の駐車場は不可能だった。建て替えも視野に入れて考えたが、よくよく既存図面を見てみると既存建物の屋根は都合よく2棟に分かれていて、これを真ん中でカットし、片側の棟を90度回転させて移築すれば、並列で2台の駐車場を確保できると考えた。加えて、住宅の半分は内装以外のRC基礎、構造部材、2次部材、外壁まで再利用でき、移築する棟は構造部材を利用できる。つまり、基礎工事は半分で住み、既存の構造部材は全て活用できるのである。ここにも改修を選択する現実的な合理性があった。

たしかに周辺の状況を観察すると北側以外はすぐ隣地があり、窓を設けてもカーテンで遮らなければ生活が丸見えになるし、唯一開けている北側は共有私道となっており、近所の住民の目にさらされる。この場所で快適な住空間を手に入れるためには、周辺と適度な距離を保ちつつ、光、風、視線の抜けなどを確保する工夫が必要だった。そこで、駐車場と建物の間の45cm程度のスペースに「だぶるすきん」と称した細長い建築を付加した。新たに建てられた2枚の壁には外側と内側に互い違いに開口部が設けられており、その隙間には通風と採光をとるための小さな窓を設置した。壁面に設けたはめ殺しのポツ窓は視線が気にならない位置に配置している。内外の関係性を調整する「だぶるすきん」の開口にはカーテンは必要なく、北側からの安定した間接光を常に建物内に取り入れることができる。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。