東日本旅客鉄道+JR東日本建築設計による、神奈川の横浜駅西口駅ビル「JR横浜タワー」

2,204.11 東日本旅客鉄道+JR東日本建築設計による、神奈川の横浜駅西口駅ビル「JR横浜タワー」

東日本旅客鉄道+JR東日本建築設計による、神奈川の横浜駅西口駅ビル「JR横浜タワー」 photo©ミヤガワ東京
東日本旅客鉄道+JR東日本建築設計による、神奈川の横浜駅西口駅ビル「JR横浜タワー」 photo©ミヤガワ東京
東日本旅客鉄道+JR東日本建築設計による、神奈川の横浜駅西口駅ビル「JR横浜タワー」 photo©ミヤガワ東京

東日本旅客鉄道JR東日本建築設計が設計した、神奈川の横浜駅西口駅ビル「JR横浜タワー」です。本プロジェクトにはその他にも様々な設計者・デザイナーが関わっておりそのクレジットは末尾に掲載します。

横浜駅西口駅ビルの建て替えプロジェクトである。同時に、横浜市により策定された横浜駅周辺のまちづくり計画「エキサイトよこはま22」のリーディングプロジェクトでもある。特定都市再生緊急整備地域に立地するため、都市再生特別措置法に基づき容積や高さの緩和などを受け、延床面積は約10万㎡・高さは約132m、商業施設・事務所・映画館からなる複合施設として計画された。

計画敷地は、駅前広場と線路に挟まれた非常に細長い形状であったが、決して大きくはない広場でも街の広がりが感じられるように、地上60mのスカイラインより上の高層部分は、駅前広場の正面を外した位置に配置した。同時に、商業施設として必要な床面積を確保するために、建物全幅の半分に相当する約13mもの大きなキャンチレバーを、ハットトラスによって線路上空に跳ね出す計画とした。

施設内の商業施設は十分に広いため単体でも成立するが、単にビル内に来館者を囲い込むのではなく、来館者が街全体を楽しみ、街全体を巡るための回遊拠点になることが望ましいと考えた。そのため、合計で十数か所の周辺施設との接続箇所を設け、街との動線的なつながりを高めることとした。中でもアトリウムは、当施設の主要エントランスであり、駅全体の中央コンコースの一部でもある。まさに、駅と街をつなぐ施設の顔となる場所であった。

建築家によるテキストより

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。