斉藤智士 / 建築設計事務所SAI工房による、大阪・狭山市の住宅「M+K邸」

783.72 斉藤智士 / 建築設計事務所SAI工房による、大阪・狭山市の住宅「M+K邸」

斉藤智士 / 建築設計事務所SAI工房による、大阪・狭山市の住宅「M+K邸」 photo©山内紀人
斉藤智士 / 建築設計事務所SAI工房による、大阪・狭山市の住宅「M+K邸」 photo©山内紀人
斉藤智士 / 建築設計事務所SAI工房による、大阪・狭山市の住宅「M+K邸」 photo©山内紀人

斉藤智士 / 建築設計事務所SAI工房が設計した、大阪・狭山市の住宅「M+K邸」です。

大阪の南東に位置する狭山ニュータウンという郊外型住宅地での計画。
40年ほど前に開発が行われ、現在もベットタウンとして人気であり、新しい住宅が入り混じった住宅地である。施主は子どもと愛犬が安全に元気に走り回れる住まいを希望された。 犬と共に暮らすという事は、毎日の散歩で天気や気候、季節などの豊かな外部環境を感じながら、街の中でちょっとしたコミュニケーションを地域住民とも交わす事ができると思った。そんな人と犬が共に暮らす事で生み出す副産物を住まいに積極的に取り入れたいと考えた。

建築家によるテキストより

そこで、住まいの中心に散歩道のような土間空間を設えた。この散歩道は玄関であり、リビングの一角でもあり、縁側のようでもあり、廊下、テラスの一部にもなる。時には道端で世間話をするように住まいの土間でちょっとした交流も出来、間接的だけでなく直接的に繋がることも出来る。

建築家によるテキストより

将来的には、外部テラスと2Fの屋上テラスを階段で結ぶことで、地域と1F、1Fと2Fがぐるぐる回れる通路を生み出す事ができる。住まいの中央に散歩道を設けることで、住宅に囲まれたような住まいであったとしても、人と人、ペットと人の関係から何かのきっかけで新たな暮らしの彩りがこの散歩道から生まれていくことを想像した。

建築家によるテキストより
【ap job更新】 Ishimori Architectsが、設計スタッフを募集中

ap job 【ap job更新】 Ishimori Architectsが、設計スタッフを募集中

【ap job更新】 Ishimori Architectsが、設計スタッフを募集中
【ap job更新】 Ishimori Architectsが、設計スタッフを募集中名取ひよこ園

Ishimori Architectsの、設計スタッフ募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

Ishimori Architects では設計スタッフを募集しています。

チームのメンバーとして、建築が好きな方、どんな仕事にも誠実かつ真摯に向き合 える方、協調性がありコミニュケーションを大切にできる方を募集しています。

【ap job更新】 株式会社平岡建築デザインが、大阪オフィスの設計スタッフを募集中

ap job 【ap job更新】 株式会社平岡建築デザインが、大阪オフィスの設計スタッフを募集中

【ap job更新】 株式会社平岡建築デザインが、大阪オフィスの設計スタッフを募集中
【ap job更新】 株式会社平岡建築デザインが、大阪オフィスの設計スタッフを募集中りょう矯正歯科クリニック 栃木

株式会社平岡建築デザインの、大阪オフィスの設計スタッフ募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

株式会社平岡建築デザインでは、大阪オフィスの設計スタッフを募集いたします。

住宅、医療施設を中心に、オフィスや商業施設、インテリア等、多岐にわたるプロジェクトに携わる設計事務所です。活動範囲は日本全国ですが、最近は海外からもお声がけいただくようになりました。

2000年の開設時から、着実に業務範囲を広げてきました。個人事務所からのスタートでしたが、スタッフの待遇改善や、将来的に長く事務所が続けられるように株式会社化しました。
現在は設計スタッフ4人、事務スタッフ1人の計5人で協力しあいながら仕事をしています。今後は今までの実績をもとに次の世代につなげていく予定です。

基本設計から実施、申請、現場監理など一貫して担当し、また構造設計者や設備設計者、照明プランナーやランドスケープ、グラフィックデザイナーなど、多方面の方々と組んで仕事を進めながら、プロジェクトリーダーとしての能力を学んでいただきたいと思います。

多くの仕事はホームページからの依頼です。あらかじめ実績を見てからの依頼ですので、高い着地点を目指してプロジェクトに取り組める環境です。一つ一つの規模も年々大きくなってきており、新しいチャレンジができ、やりがいを感じていただけると思います。様々な受賞やメディア掲載実績も増えて、社会的な認知度も高くなりました。

オフィスは地下鉄の最寄り駅すぐです。都心では珍しく、大きく開いた窓から公園の緑を眺められる気持ちの良い環境で、フリーアドレスを採用しています。
まだまだ発展途上の私たちですが、一緒に取り組んでいただける方を募集します。

MoY architects / 山本基揮建築設計による、長野・安曇野市の住宅「House Azumino」

1,028.47 MoY architects / 山本基揮建築設計による、長野・安曇野市の住宅「House Azumino」

MoY architects / 山本基揮建築設計による、長野・安曇野市の住宅「House Azumino」 photo©三嶋一路
MoY architects / 山本基揮建築設計による、長野・安曇野市の住宅「House Azumino」 photo©三嶋一路
MoY architects / 山本基揮建築設計による、長野・安曇野市の住宅「House Azumino」 photo©三嶋一路

MoY architects / 山本基揮建築設計が設計した、長野・安曇野市の住宅「House Azumino」です。

長野県安曇野市の山麓に建つ、夫婦と子供二人のための住宅。

東京との二拠点居住の夫、仕事上、人を家に招くことの多い妻、二人の「周りの環境を活かし、人の集まる、気積の大きな空間」という要求と、雑木林と農地の境界に建つ建築のあり方、これからの暮らしに対する可変性。この3点に考慮し、設計を進めました。

建築家によるテキストより

南側に広がる田んぼと山並み、北側の雑木林、二つの異なる庭に対して開き、外部へ連続する大きな内部空間を実現するため、リング状の架構に、二つのL型のボリュームを重ね合わせ、切妻屋根をのせました。南北に視線が通り、二つの庭へと接続する大きな空間。「 」に挟まれた雁行する余白のスペースを中心に、点対称な空間構成をとることで、住宅の内部には対比関係が生まれます。

建築家によるテキストより
五十嵐淳建築設計事務所による、北海道・苫小牧市の住宅「トンネルと台形」

2,134.64 五十嵐淳建築設計事務所による、北海道・苫小牧市の住宅「トンネルと台形」

五十嵐淳建築設計事務所による、北海道・苫小牧市の住宅「トンネルと台形」 photo©佐々木育弥
五十嵐淳建築設計事務所による、北海道・苫小牧市の住宅「トンネルと台形」 photo©佐々木育弥
五十嵐淳建築設計事務所による、北海道・苫小牧市の住宅「トンネルと台形」 photo©佐々木育弥

五十嵐淳建築設計事務所が設計した、北海道・苫小牧市の住宅「トンネルと台形」です。

敷地は北海道中南部の苫小牧市に位置する。

1963年に世界初の内陸掘込港湾である苫小牧港が開港し、JR室蘭本線が港と並行しながら走っているため、一部の不規則エリアを除き、街のグリッドもそれらと並行している。敷地が接している北側の国道36号線も港と並行で交通量の多い道路である。札幌圏であり新千歳空港にも近接していることから、北海道を代表する工業地帯となった苫小牧は労働者が多く、人口は17万人を超え北海道4番目の都市となった。

苫小牧市は太平洋気候・海洋性気候のため、夏は涼しく冬の積雪量は札幌市の1/4と少ないが、1月の平均気温は−8.3°Cとかなり低い。

建築家によるテキストより

この建築は夫婦ふたりの住居である。

ご主人は船舶関係の仕事で不規則な生活であることから静かな生活と遮光・遮音可能な主寝室を望んだ。また、カーテンを必要としないプライバシー性の高い空間であること、収納量を最大にすること、ダイニングルームは不要、玄関位置を前面道路から分かり難くすること、夏にプライバシーを確保しつつバーベキューを楽しめる屋根付きの外部空間(テラス)、完全独立キッチン、2台分の駐車スペースを設けることなども要望された。

建築家によるテキストより

準防火地域であること、寒冷地であることから開口部は最小限でローコストとしているが、Low-Eペアガラスをツインポリカーボネートでサンドイッチしたトリプルスキンの開口部面積を大きくし、高断熱高気密とプライバシーを確保しつつ、柔らかな拡散光を室内へ導いている。風除室(テラスやポーチ)へ繋がるガラスドアを開けると、穏やかに街との距離感を保ちつつ内外が繋がる。

建築家によるテキストより
最も注目を集めたトピックス [期間:2021/2/22-2/28]

216.52 最も注目を集めたトピックス [期間:2021/2/22-2/28]

最も注目を集めたトピックス [期間:2021/2/22-2/28]

アーキテクチャーフォトで、先週(期間:2021/2/22-2/28)注目を集めたトピックスをまとめてご紹介します。リアルタイムでの一週間の集計は、トップページの「Weekly Top Topics」よりご覧いただけます。


  1. 吉田裕一建築設計事務所による、神奈川・厚木市の、菓子店舗兼住居「妻田南・HOUSE・A」
  2. 藤本壮介・松井設計JVが「大分空港海上アクセス旅客ターミナル」設計プロポで最優秀者に選定、提案書も公開
  3. 長坂常 / スキーマ建築計画が完成させた、“自走する建築、学生がつくる校舎”をコンセプトとする「武蔵野美術大学 16号館」をレポート
  4. y+M design officeによる、兵庫・姫路市の住宅「軸組の家」
  5. 藤本寿徳建築設計事務所による、広島市の住宅「向洋の家」
  6. BIGの設計で、トヨタ自動車が行う静岡県裾野市の都市プロジェクト「Woven City」の計画が発表
  7. 「トヨタ/ウーブン・シティ整備(静岡県裾野市)/大林組らで施工進む」(建設工業新聞)
  8. 青木茂建築工房が、山梨・富士吉田市の「明見中学校長寿命化改修工事」設計プロポで特定者に。提案書も公開
  9. y+M design officeによる、徳島・鳴門市の住宅「折り壁の段床」
  10. 隈研吾が出演したテレビ番組「アナザースカイII」の動画が期間限定で公開中
  11. 中川エリカと西沢立衛が「スタディについて」をテーマに対談している動画。ギャラリー・間での個展に合わせて企画されたもの
  12. 藤原・室 建築設計事務所による、大阪・箕面市の住宅「箕面森町の平屋」
  13. 長坂常 / スキーマ建築計画による、東京・目黒区の事務所「ライゾマティクス オフィス」
  14. 山路哲生建築設計事務所による、大阪の住宅「二枚屋根の家」
  15. 菊竹事務所の元副所長 遠藤勝勧による講演「菊竹清訓 ホテル東光園誕生の舞台裏」がオンライン開催
  16. 江藤健太アトリエによる、大分市の住宅「政所の家」
  17. 東京大学建築学専攻Digital Fabrication Labによる、東京大学本郷キャンパスに建てられたパヴィリオン「PAFF (Projectile Acoustic Fibre Forest)」
  18. 佐治卓+藤木俊大+佐屋香織 / ピークスタジオによる、さいたま市の学習塾「浦和美園の学習ラウンジ」
  19. 隈研吾が、テレビ番組「アナザースカイⅡ」に出演 [2021/2/19]
  20. 吉田裕一建築設計事務所・交建設計・東鉄工業・AE・SUPERBALLによる、東京・千代田区の、鉄道高架橋下300mにわたる商業施設「日比谷OKUROJI」

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。