MVRDVによる、台湾・彰化県の、政府系電力会社のオペレーション施設「サン・ロック」。台湾のグリーンエネルギーへの移行を見越して計画、建物全体を太陽光パネルで覆い形状や角度を最適化すべく解析で決定、その存在が企業のマニフェストを伝える役割も担う

324.78 MVRDVによる、台湾・彰化県の、政府系電力会社のオペレーション施設「サン・ロック」。台湾のグリーンエネルギーへの移行を見越して計画、建物全体を太陽光パネルで覆い形状や角度を最適化すべく解析で決定、その存在が企業のマニフェストを伝える役割も担う

MVRDVによる、台湾・彰化県の、政府系電力会社のオペレーション施設「サン・ロック」。台湾のグリーンエネルギーへの移行を見越して計画、建物全体を太陽光パネルで覆い形状や角度を最適化すべく解析で決定、その存在が企業のマニフェストを伝える役割も担う image©MVRDV
MVRDVによる、台湾・彰化県の、政府系電力会社のオペレーション施設「サン・ロック」。台湾のグリーンエネルギーへの移行を見越して計画、建物全体を太陽光パネルで覆い形状や角度を最適化すべく解析で決定、その存在が企業のマニフェストを伝える役割も担う image©MVRDV
MVRDVによる、台湾・彰化県の、政府系電力会社のオペレーション施設「サン・ロック」。台湾のグリーンエネルギーへの移行を見越して計画、建物全体を太陽光パネルで覆い形状や角度を最適化すべく解析で決定、その存在が企業のマニフェストを伝える役割も担う image©MVRDV

MVRDVが計画している、台湾・彰化県の、政府系電力会社のオペレーション施設「サン・ロック」。台湾のグリーンエネルギーへの移行を見越して計画、建物全体を太陽光パネルで覆い形状や角度を最適化すべく解析で決定、その存在が企業のマニフェストを伝える役割も担う。2024年の完成を予定しています。

こちらはリリーステキストの翻訳

MVRDVの「サン・ロック」は、タイパワー社のカーボンフリーな未来のための建てられたマニフェストです。

MVRDVは、台湾の政府系電力会社タイパワー社のオフィス、メンテナンスワークショップ、ストレージスペース、パブリックギャラリーを含むオペレーション施設「サン・ロック」を公開しました。台湾で計画されているグリーンエネルギーへの移行を見越し、サン・ロックの建物の形状からファサードまで、できるだけ効率的に太陽エネルギーを発生させることに重点を置いているのが特徴です。そのため、この建物は、タイパワー社の目標を一般に伝えるための決定的な意思表示であり、「建物の中のマニフェスト」のような役割を担っています。

台中近郊の彰化沿海工業園区に位置するこのビルの主な用途は、持続可能なエネルギー設備の保管とメンテナンスです。そのため、サン・ロックの丸みを帯びた形状は、太陽光を最大限に活用できるように設計されています。南側は緩やかに傾斜しており、日中は太陽に直接当たる面積が大きくなっています。北側は、ドーム型の形状により、朝夕の日射面積を最大化します。

ファサードは、太陽光発電パネル(必要に応じて窓と混在)を上面に支える一連のプリーツによって、この太陽光のポテンシャルを最大限に高めています。このプリーツの角度はファサードのあらゆる部分で調整され、ソーラーパネルが生み出すエネルギーを最大限に活用できるようになっています。これは85トンの原油を燃やすのに相当するエネルギー量であり、完全な自給自足となります。さらに、より大きな面積の太陽光発電パネルを設置する設計も検討されており、計算上は年間最大170万kWhを発電し、電力網に供給することが可能です。

MVRDVの設立パートナーであるヴィニー・マースは言います。
「もちろん、私たちはすべてのプロジェクトを可能な限りサステナブルにすることを目指しています。しかし、私たちは、プロジェクトが単にサステナブルであることだけにとどまらないことを理解しています。このプロジェクトは、ユニークで魅力的な可能性を秘めています。」
「ユーザーがエネルギー会社であるため、通常よりも多くのことを行うことができました。ファサード全体を太陽光発電で覆い、エネルギーを最大限に活用することで、自給自足が可能になるだけでなく、このビルがエネルギー生産のツールとなり、残りのグリッドに電気を輸出することができるのです。これは、パネルを最大限に効率よく配置することで実現されます。そのため、私たちのデザインは完全にデータ駆動型です。解析をデザインの決定要素にすると、いつも結果が出るのが楽しいですね。」

建物の中心には、タイパワー社のオペレーションや再生可能エネルギーの発電量に関するデータをリアルタイムで表示するデータルームがあり、吹き抜けになっています。1階のギャラリースペースからはメンテナンス工場が見え、ソーラーパネルから巨大な風力発電機のブレードまで、サステイナブルエネルギーを実現するマシンを間近に見ることができます。最上階には展示用のギャラリーがあり、屋上にはソーラーパネルのドームの下に、来場者とタイパワー社の従業員がくつろげる木々のあるテラスがあります。

サン・ロックは、持続可能なエネルギー生成機能を備えているため、単なる運用・保守施設ではなく、実用的な空間を巧みに組み合わせたデザインになっています。ギャラリースペース この建物は、タイパワー社が環境に優しい未来への野心を公に示す重要なコミュニケーションツールでもあるのです。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。