菊竹清訓設計の都城市民会館、解体一転保存へ

( )

Photo at random

菊竹清訓設計の都城市民会館、解体一転保存へ

architecture

菊竹清訓が設計を手がけた都城市民会館が、保存されることになりそうです

西日本新聞より。

「現代建築の傑作」とされながら、解体される予定の宮崎県都城市民会館について、南九州学園(宮崎市)の渋谷義夫理事長が29日、都城市役所を訪れ、20年間の貸与を申し入れた。

同学園は、入学式や卒業式、学生の文化部活動の練習場、大学祭やサテライト教室など市民との交流拠点として活用する予定。

だそうです。
実際に使われながら、保存されるということで、非常に喜ばしいニュースだと思います。
□関連サイト
都城市民会館(architecture map)
写真が数枚見られます。
DCOMOMO JAPAN
"日本の近代建築の記録・保存・評価・調査"などを行っている組織。
"都城市民会館の保存経緯"が掲載されています。解体が決定的だったとき書かれたもののようです。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact