特集”フォルム・木村浩一建築研究所” 内包する家 / 2009

( )

Photo at random

特集”フォルム・木村浩一建築研究所” 内包する家 / 2009

architecture, feature

01_FKHS_001_S.jpg

06_FKHS_022B_S.jpg
photo(C)太田拓実

フォルム・木村浩一建築研究所が設計した滋賀県大津市の住宅"内包する家 / 2009"です。


02_FKHS_003_S.jpg
03_FKHS_024_S.jpg
04_FKHS_036_S.jpg
05_FKHS_048B_S.jpg
06_FKHS_022B_S.jpg
07_FKHS_015_S.jpg
08_FKHS_037_S.jpg
09_FKHS_032_S.jpg
10_FKHS_016_S.jpg
11_FKHS_010_S.jpg
12_FKHS_021_S.jpg
13_FKHS_042_S.jpg
14_FKHS_044B_S.jpg
15_FKHS_046_S.jpg
16_FKHS_052_S.jpg
photo(C)太田拓実
以下、建築家によるテキストです。
********
 新興住宅街に立つ30代夫妻のための住宅である。周囲を住宅に囲まれていることから、外界を遮断しながらも、閉鎖的になりすぎない、人の五感に訴えかける豊かな空間を目指した。
 まず、リビング、ダイニングなどの居室と外部の間に、小さなパティオとそこへ向かうための小道をレイアウトした。そのまわりに、外部からの視線を遮る塀として壁を建て、パティオには植栽と池を配している。そして、緑や水を切り取ったピクチャーフレームを居室から望む趣向とした。
 建物を囲む壁によって間接光が導かれ、柔らかな光が室内全体に回り込むこの家には、様々な場所に情緒的なシーンが存在している。居住空間とそこで営まれる暮らしが緑や光に包み込まれる。そんな優しい空気感に満ちた空間となった。
■建築概要
所在地:滋賀県大津市
設計:木村浩一/フォルム・木村浩一建築研究所
竣工年:2009年
構造:木造軸組
規模:   
敷地面積 215,35㎡ 
延床面積 151,71㎡


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact