藤本寿徳建築設計事務所による”須波の家”

( )

Photo at random

藤本寿徳建築設計事務所による”須波の家”

architecture, feature

sunami001.jpg

sunami002.jpg

藤本寿徳建築設計事務所が設計した広島県三原市の住宅"須波の家"です。


sunami003.jpg
sunami004.jpg
sunami005.jpg
sunami006.jpg
sunami007.jpg
sunami008.jpg
sunami009.jpg
sunami010.jpg
sunami011.jpg
sunami012.jpg
sunami013.jpg
sunami014.jpg
sunami015.jpg
sunami016.jpg
sunami017.jpg
sunami018.jpg
sunami019.jpg
sunami020.jpg
sunami021.jpg
sunami022.jpg
sunami023.jpg
sunami024.jpg
以下、建築家によるテキストです。
**********
「須波の家」
敷地は瀬戸内海を望む新興住宅地にある。
設計にあたっては海への眺望がいいだけの家でなく、瀬戸内海に漂うのどかでおおらかなひろがりがそのまま室内空間に持ち込まれたような住宅を目標とした。
敷地や室内のどこに立っても海が見えるような平面である。山側に中庭を設けることで海側だけでなく山側にも生活が開かれ、海と山との間にあるこの一帯の広がりそのものが生活の場として意識できるようにした。
おおらかな空間を実現するためにシェル構造の屋根とした。スラブ厚120mmシングル配筋、大きさは10m×18mである。中庭を含む室内外全体を包みこむことで、屋内と屋外との意識の違いが少ない住空間となっている。
屋根は深い庇で直射日光を遮ると同時に、視線を下方に広がる海へ向かわせる形状となっている。
アーチのスラストを押さえるために通常必要となる海側の通りの柱や梁が大きくならないよう平面的に工夫した。間仕切り壁がスラストに抗するよう部屋を配置し、水廻りや収納の配置はXY方向のバランスが良い耐力壁となるよう決定している。
シェル中央を支える柱はやじろべえの支柱のようにはたらかせることで細くすることができる。断面寸法は100×60mm、100×100mmである。この柱をサッシに組み込むことでさらに室内外の境界を希薄にすることができる。
恣意的な決定を避け、生活のシークエンスや室内環境、敷地の周辺環境との対応を同時に叶える空間構成が、単純な構造形式で成立している豊かでシンプルな家を理想としている。
■建築概要
所在地:広島県三原市
設計:藤本寿徳建築設計事務所
竣工年:2009年
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
規模:
敷地面積 308.54㎡ 
延床面積 115.58㎡


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact