GENETOによる”KD-HOUSE”

( )

Photo at random

GENETOによる”KD-HOUSE”

architecture, feature

20100930001.jpg
photo(C)Yasutake Kondo

GENETOによる滋賀の既存住宅のリノベーション"KD-HOUSE"です。


20100930002.jpg
20100930003.jpg
20100930004.jpg
20100930005.jpg
20100930006.jpg
20100930007.jpg
20100930008.jpg
20100930009.jpg
20100930010.jpg
20100930011.jpg
20100930012.jpg
20100930013.jpg
20100930014.jpg

KD-HOUSE by GENETO from Geneto on Vimeo.

以下、建築家によるテキストです。
**********
滋賀県の新興住宅地に建つ木造枠組壁工法によるセキスイハイムのユニット住宅のリノベーションを行った。敷地を見ると、比較的広いにもかかわらず、妙に窮屈さを感じさせられる建ち方をしている。
これは、それぞれの住戸が隣地等、周辺環境との関係性を考えず、自分たちの敷地内での完結のみを考え、建ててしまったことが原因と考えられる。結果、近隣の住居と視線が交差するなどプライバシーを失うため、窓にはカーテンが常にかけられ、屋外空間の広がりは意味をなしていない。この状況を打開しつつ、内部で起こる豊かな生活シーンが展開する計画とした。
まず、壁工法の住宅は開口部を増やす事ができないため、既存の居室割りを引き継ぎながら各居室を連続させる新たな壁を挿入することとした。
新たな壁は、既存の窓や壁から隙間を確保しながら、玄関、リビング、セカンドリビングを包み込むように立ち上げる。
立ち上がった壁は、隣地からの視線を防ぐと同時に、採光と通風を可能にする。新しい壁と既存の壁との隙間は、趣味室などのバッファーゾーンとなる。
壁に家具の機能(テーブルや掘り炬燵や収納)を持たせる事で、各居室の性格を作り出している。
インテリアにバッファーゾーンをつくることで、壁で囲まれた内部、周りのバッファーゾーン、さらに外部空間(庭)のバッファーゾーン、周辺環境という4層の空間によって内部と外部を柔らかく連続させた。
壁を介して様々な生活シーンが展開し、内部から外部へと広がっていく空間が、窮屈な感覚を拭い去ってくれる。
内部と外部の既存の空間の関係性を再編集しようと試みたプロジェクトである。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact