村山徹+加藤亜矢子 / ムトカ建築事務所による神奈川県川崎市の住宅「N邸」

( )

Photo at random

村山徹+加藤亜矢子 / ムトカ建築事務所による神奈川県川崎市の住宅「N邸」

architecture, feature

N_mtka_01.jpg
photo(C)mtka

村山徹+加藤亜矢子 / ムトカ建築事務所による神奈川県川崎市の住宅「N邸」です。


N_mtka_02.jpg
N_mtka_03.jpg
N_mtka_04.jpg
N_mtka_05.jpg
N_mtka_06.jpg
N_mtka_07.jpg
N_mtka_08.jpg
N_mtka_09.jpg
N_mtka_10.jpg
N_mtka_11.jpg
N_mtka_12.jpg
N_mtka_13.jpg
N_mtka_14.jpg
N_mtka_15.jpg
N_mtka_16.jpg
N_mtka_17.jpg
N_mtka_18.jpg
N_mtka_19.jpg
N_mtka_20.jpg
N_mtka_21.jpg
N_mtka_22.jpg
N_mtka_23.jpg
N_mtka_24.jpg
N_mtka_drawing_01.jpg
より、この建築の全体像がわかる写真はこちらにあります
以下、建築家によるテキストです。
**********
N邸
郊外住宅地のとある丘の裾野近くに建つ住宅である。敷地の西には静かな住宅地が丘の上に向かって広がり、東には谷に沿って幹線道路が走り、遠くまで見通せる。
東西ふたつのリビングには3方に連続する窓がある。その窓から、両側の風景や音、空気感を家の中に採り込みないまぜることで、どちらの世界とも異なる、この場所ならではの自由な雰囲気をつくっている。
この家は平面も断面もシンメトリーになっている。エントランスもベッドルームもふたつのリビングもまったく同じ広さだ。そのため、冬は西のリビング、夏は東のリビングというように、季節によって居心地よい場所に生活の中心を移動する。おのおのの行為に適切な広さの空間を与えるのではなく、複数のスペースとそのつながりを設計することで、自由な使い方が発見されている。
この住宅では、シンプルなプランの中に、建築とその周辺のあらゆる要素をバランスよく存在させることで、自由で心地よい空間をつくることを試みている。
■建築概要
建物名称:N邸
所在地:神奈川県川崎市
用途:専用住宅
設計:ムトカ建築事務所 担当/加藤亜矢子 村山徹 
構造:ハシゴタカ建築設計事務所 担当/髙見澤孝志
表札フォントデザイン:乗田菜々美
撮影家具協力:hhstyle.com 担当/渡邊淳
写真:mtka
敷地面積:71.72m2
建築面積:39.15m2
延床面積:78.30m2
設計期間:2011.11-2012.9
工事期間:2012.10-2013.3


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact