石嶋設計室+小松豪一級建築士事務所による福島の「かなや幼稚園」

( )

Photo at random

石嶋設計室+小松豪一級建築士事務所による福島の「かなや幼稚園」

architecture, feature

001-1kanaya_gaikan_tyoukan3

001-2kanaya_yugijo3_2
photo(C)黒住直臣

石嶋設計室小松豪一級建築士事務所が設計した福島の「かなや幼稚園」です。

003kanaya_gaikan3

004kanaya_hoikushitsu3

005kanaya_hoikushitsu3_2

006kanaya_kairou_kaiyu3

007kanaya_kairou_running3

009kanaya_okigae3

012kanaya_yugijo3_3

013kanaya_gaikan_yakei3

014kanaya_yugijo3_1

015kanaya_kairou_yakei3

以下、建築家によるテキストです。

************

設計主旨
 文部科学省の2013年度学校保健統計調査速報によると、福島県では肥満化傾向の子どもの割合が増加しているとのこと。これは福島第一原発の事故以降の屋外活動の減少にともなう運動不足や生活習慣の変化等が原因と言われている。
 このような背景を踏まえ、かなや幼稚園では子どもたちが安心して「汗をかける幼稚園」をつくることを目指した。それは屋外での活動を補完するためだけの体育館のような囲われた大空間をつくるのではなく、あたかも屋外にいるかのような「開放的な半屋外空間」をつくることである。

配置計画
 敷地周辺には総合病院や保健所など医療・福祉系施設が多く立地し、来街者は多世代にわたる。また敷地北側には同じグループの医療法人社団が運営する介護老人保健施設が隣接する。
 そのため園舎を逆L字型の変形敷地の中央に配置することで、園舎の前面に高齢者や地域に開放した前庭を設けた。前庭はイベントやお祭りの場であるとともに、災害時には高齢者や園児の一時避難としても機能する。

建築計画
 園舎は3つのゾーンで構成した。中央の室内遊戯場は膜屋根を透過した軟らかな自然光が降り注ぐ「開放的な半屋外空間」である。2階の回廊や様々な遊具を挿入することで「汗をかける幼稚園」を実現した。一方、それを挟むかたちで配置した保育室や管理諸室等はルーバー状の梁を現して落ち着いた雰囲気とした。

構造計画
 膜屋根の形態は、膜の最大の特徴である透過性を重視した結果である。意匠的にも優れブレースなど膜面の透過性を阻害する部材がなくても成立する形態を模索した結果、寄棟が導き出された。さらに膜の継ぎ目を登梁にあわせることで、膜の透過性と木の暖かみを併せ持つすっきりとした膜屋根となった。

設備計画
保育室の冷暖房は、子供たちの生活領域が床に近いことから、床吹き出し空調の採用とデシカント式調湿換気装置により湿度環境を整え、夏の冷え過ぎや冬の乾燥が起こらないようにした。熱源にGHP(ガスエアコン)を採用して高圧受電を回避することや、床吹出し空調で床暖房を不要とすること等、イニシャル・ランニングコストの低減を図った。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact