高木昭良 / 高木昭良建築設計事務所による静岡・浜松の「たなか整形外科/大屋根のクリニック」

( )

Photo at random

高木昭良 / 高木昭良建築設計事務所による静岡・浜松の「たなか整形外科/大屋根のクリニック」

architecture, feature

00_tsgh_076S_w0
all photos(C)阿野太一

高木昭良 / 高木昭良建築設計事務所が設計した静岡・浜松の「たなか整形外科/大屋根のクリニック」です。

我々は先ず、クリニックを平屋とし交差点に寄せて配置することで、往来するドライバーや信号待ちの人々に認知されやすくするとともに、隣接農地への日照を確保することを考えた。駐車場の出入口が交差点から離れることで、アクセスも容易になる。
敷地が接する道路は、子供たちの通学路でもある。将来的に幹線道路沿いに開発が進めば、慣れ親しんだ街の風景は様変わりしていく。そこで、かつて農地であったという「緑の記憶」を継承し、緑を街と共有するため、交差点に面したエリアを緑地帯とした。

※以下の写真はクリックで拡大します

01_tsgh_006S_w

02_tsgh_016_w0

03_tsgh_020S_w

04_tsgh_038S_w0

05_tsgh_041S_w

06_tsgh_048S_w

07_tsgh_066S_w

08_tsgh_056S_w

09_tsgh_076S_w

10_tsgh_074S_w

11_tsgh_067S_w0

21_if_7_DSC_1639_w
photo(C)高木昭良建築設計事務所

22_if_8_DSC_1672_w
photo(C)高木昭良建築設計事務所

31_if_5_DSC_1556_w
photo(C)高木昭良建築設計事務所

32_if_6_DSC_1562_w
photo(C)高木昭良建築設計事務所

33_tn_be

34TN_WEB

35TN_WEB

36TN_WEB

37TN_WEB

以下、建築家によるテキストです。

***********

たなか整形外科/大屋根のクリニック

周辺環境/配置

静岡県浜松市の郊外に建つ整形外科クリニックである。
敷地は幹線道路の交差点に面した約3000㎡の元農地。市街化調整区域に指定された一帯の地形は平坦で、周辺には畑や緑地が多く残る。郊外に新規開業する診療所として、デイケアに対応する約200㎡のリハビリ室、MRI・レントゲン・骨密度の検査諸室、60台分の外来駐車場、デイケア送迎車用駐車場の整備が求められた。
我々は先ず、クリニックを平屋とし交差点に寄せて配置することで、往来するドライバーや信号待ちの人々に認知されやすくするとともに、隣接農地への日照を確保することを考えた。駐車場の出入口が交差点から離れることで、アクセスも容易になる。
敷地が接する道路は、子供たちの通学路でもある。将来的に幹線道路沿いに開発が進めば、慣れ親しんだ街の風景は様変わりしていく。そこで、かつて農地であったという「緑の記憶」を継承し、緑を街と共有するため、交差点に面したエリアを緑地帯とした。
ゆるやかな起伏を設けた緑地帯は、内外の視線を適度に遮るバッファーゾーンでもあり、公園のような景観・オープンスペースをつくりだしている。

38TN_WEB

大屋根の下/庭のとなり

リハビリ室や診察室など大小ある諸室に適した天井高を考慮し、片流れの大きな一枚屋根を架けた。天井の高い側に患者エリアを、低い側に診察エリアを配置しており、横道に面した南側の軒先は、沿道の民家よりも低くなっている。大きく張り出した軒は、送迎レーンと歩行者通路の屋根を兼ね、大屋根の下に人々が集う。
来院中、患者の時間の大半は、診察・治療・会計の順番を「待つ」ことに費やされる。しかも、整形外科では物理療法、運動療法による治療やリハビリを伴うため、滞在時間が長くなる。リハビリのために通院しなければならないこともあり、治療には患者自身の能動的な気持ちが必要不可欠とされる。
そこで、患者が少しでも居心地よく過ごせるように、長時間滞在する待合室とリハビリ室に連続して、落葉樹・常緑樹を織り交ぜた庭を配置した。庭に面した大開口は、すべて外周面から奥まった位置に設けている。庭を回廊と軒で囲い込むことで中庭的な設えとなり、内部と外部に適度な距離感がうまれている。木立によって外部からの視線もゆるやかに遮られ、大屋根の下、明るく開放感がありながらも、四季折々に変化する木々に囲まれた静謐な空間となっている。
低く抑えた屋根の開口部から頭を突き出すシンボルツリーは、幹線道路の並木と同じカツラの木である。ハート型の葉が美しく黄葉し、甘い香りが広がるこの木が、人々の心を癒す存在となれば幸いである。
今後、時を経て木々が育ち、地域に愛される木漏れ日のクリニックとなることを願っている。

■建築概要
主要用途:診療所
所在地 :静岡県浜松市北区
敷地面積:3080.00㎡
建築面積:609.29㎡
延床面積:498.97㎡
構造規模:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造/地上1階
建築:高木昭良/高木昭良建築設計事務所 担当:高木昭良 野見山周作(元所員)
構造:鈴木啓/ASA 担当:鈴木啓 田村潤一郎(元所員)
設備:山田浩幸/ymo 担当:山田浩幸 佐藤智美
照明:岡安泉/岡安泉照明設計事務所 担当:岡安泉 杉尾篤
植栽:柳原博史/mindscape 担当:柳原博史 清水拓郎
施工:須山建設株式会社
写真:阿野太一
Web:http://tanaka-seikeigeka.com/


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact