西澤明洋が主宰するエイトブランディングデザインによる「カナエルiリフォーム」のブランディングデザイン

( )

Photo at random

西澤明洋が主宰するエイトブランディングデザインによる「カナエルiリフォーム」のブランディングデザイン

architecture, design, feature

KANAERU_01

kanaerusama001

西澤明洋が主宰するエイトブランディングデザインによる「カナエルiリフォーム」のブランディングデザインです。

神奈川県横浜市旭区のLPガス会社「カナエル」のブランディングデザインにともない、同社のリフォーム部門である「カナエルiリフォーム」のブランディングを行いました。

※以下の写真はクリックで拡大します

kanaerusama002

kanaerusama003

kanaerusama004

kanaerusama005

kanaerusama006

KANAERU_02

■「カナエルiリフォーム」ブランドサイト
http://www.k-reform.jp/

以下、デザインについてのテキストです。

**********

神奈川県横浜市旭区のLPガス会社「カナエル」のブランディングデザインにともない、同社のリフォーム部門である「カナエルiリフォーム」のブランディングを行いました。

ブランディングにあたりまず着目したのが、リフォーム業界の中でも徐々に注目が集まっていた「ホームインスペクション」という業務です。

これは有資格者である「ホームインスペクター」が専門家の見地から、対象となる住宅の劣化の具合や改修すべき箇所や時期、費用などを見極める「住宅診断」のことをさします。

カナエルiリフォームはこの「ホームインスペクション」を軸に、適切な時期に適切なメンテナンスを行い、永く快適な住まいづくりをご提案していく、ということを表すため、コンセプトを「ハウジングヒストリー、はじまる」と定めました。

またインスペクション(診断)から始まり、プラン、デザイン、コンストラクション(施工)、アフターケア、という一連の流れを「iPDCAサイクル®」と名付け、ミエル化することで、業務フローを確率しました。

ロゴデザインは、「カナエル」のロゴとリレーションを図るため、家の形状をモチーフにした上で、サイクルしていく家のあり方を表したデザインにしています。

また、これまで少なかった住宅フルリフォームの今後の受注拡大を狙って、外部の建築家と連携したデザイナーズリフォームを行い、事例として紹介する事でPRにも役立てています。
第一件目の事例として、建築家の木下昌大氏設計のもと、神奈川県川崎市の個人住宅のフルリフォームを行いました。

**********

西澤 明洋(にしざわ あきひろ)
株式会社エイトブランディングデザイン代表
ブランディングデザイナー

1976年滋賀県生まれ。
「ブランディングデザインで日本を元気にする」というコンセプトのもと、企業のブランド開発、商品開発、店舗開発など幅広いジャンルでのデザイン活動を行っている。
「フォーカスRPCD®」という独自のデザイン開発手法により、リサーチからプランニング、コンセプト開発まで含めた、一貫性のあるブランディングデザインを数多く手がける。
著書に『ブランドをデザインする!』(パイ インターナショナル)など。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact