長坂常 / スキーマ建築計画による、東京都渋谷区猿楽町の店舗「DESCENTE BLANC 代官山」

( )

Photo at random

長坂常 / スキーマ建築計画による、東京都渋谷区猿楽町の店舗「DESCENTE BLANC 代官山」

architecture, feature

01_150908_0709

02_150908_0267
all photos(C)長谷川健太

長坂常 / スキーマ建築計画が設計した、東京都渋谷区猿楽町の店舗「DESCENTE BLANC 代官山」です。
詳細な場所は「東京都渋谷区猿楽町19-4-7 CUBE代官山C棟」です。

「空間に動きを取り込むこと」を考え、その中でも特にスタッフがストックに商品をとりにいき、お客様に届けるその過程を再度デザインした。それによって、フロア天井部をストックにし昇降するハンガーラックを設置し、先の動きをラックの昇降に置き換えた。また、そのラックは時にディスプレイとしても利用することができ、動くディスプレイが実現し、日々変化するショップ空間が誕生した。

※以下の写真はクリックで拡大します

03_150908_0418

04_150908_0469

05_150908_0703

06_150915_0445

07_150915_0453

08_150915_0553_01

09_150915_0527

10_150915_0086_01

11_150915_0674

12-1Fplan

13-2Fplan

14-section

以下、建築家によるテキストです。

**********

DESCENTE BLANC 代官山

「空間に動きを取り込むこと」を考え、その中でも特にスタッフがストックに商品をとりにいき、お客様に届けるその過程を再度デザインした。それによって、フロア天井部をストックにし昇降するハンガーラックを設置し、先の動きをラックの昇降に置き換えた。また、そのラックは時にディスプレイとしても利用することができ、動くディスプレイが実現し、日々変化するショップ空間が誕生した。

また、この代官山店は同じカーテンウォールでできた外壁を持つ建物が立ち並ぶ施設の一部にあり、その中で変に突出させるわけでもなく、かといって同じ外壁の近隣の中に埋没させるのでもないお店造りを目指した。そのために新しい要素をできるだけ足さずに、周辺や既存に合わせ、時に既存の素材を足したり、引いたりすることでより空間の強さを増すことを考えた。具体的には屋外共有部に敷かれたデッキ材をそのままインテリアに引き込んだり、もともと錆止め塗装されたストラクチュアの鉄部をインフィルに拡張し、時には屋外にまで広げ、外観の印象を変えている。

■建築概要
題名 : DESCENTE BLANC 代官山
設計:長坂 常/スキーマ建築計画
担当:山本 亮介+仲野 耕介+上野 黄/スキーマ建築計画
所在地:東京都渋谷区猿楽町19-4-7 CUBE代官山C棟
主用途:物販店(アパレル)
施工:株式会社TANK
階数:2
床面積:1F:92.24㎡ 2F:57.77㎡
構造:鉄骨造
竣工:2015年9月
写真:長谷川健太


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact